大好きな旅館飯に合わせるのは、地元酒造の『縁喜』。この緑のガラスの小瓶は、実は一合入っていない。6本飲んでも、自ら定める日本酒の危険水域「五合」に達しない。

記事に戻る