日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 内臓脂肪を減らして「スーパーひとしくん」に!
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

内臓脂肪を減らして「スーパーひとしくん」に!

目指せ、マスターズ陸上競技会出場

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70歳を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回は、草野さんの新年の抱負。今年も体にいいこと、やりたいことが盛りだくさんです。

長崎国体、障害者スポーツ大会で「晴れ男」ぶりを発揮

 新年明けましておめでとうございます。

 旧年に引き続き、今年もよろしくお願いいたします。

 今回は、年頭にあたり、昨年を振り返りつつ、新年の抱負を述べていきたいと思います。

 私にとって、昨年の大きな出来事というと、故郷の長崎で開かれた第69回国民体育大会(2014年10月12日~22日)と第14回全国障害者スポーツ大会(11月1日~3日)の2つの大会において、開閉会式のスペシャルアドバイザーを務めたことです。現地に何度も足を運んで運営に関するアドバイスをしたり、開閉会式のイベントで司会を務めたりしました。

昨年の一大イベントである長崎国体の開会式において、司会進行を務める草野さん。 「晴れ男」ぶりを見事に発揮し、開閉会式は雨が降らずに済んだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 おかげさまで、どちらの大会も成功裏に終わりました。特に障害者スポーツ大会閉会式では、最後のイベントで、同じ長崎出身のさだまさしさんに登場していただきました。コンサートと楽しいトークで会場を盛り上げてくださり、参加者が一体となって非常にいい形で幕を閉じることができました。私も、両大会の成功に一役買ったと自負しています。それは、私が司会を務めた開閉会式の天気においてです。

 じつは、私は「晴れ男」なんです。

 国体の開会式当日は、その後各地に大きな被害をもたらすことになる台風19号が接近しており、長崎の予報は大雨でした。ところが、うまい具合に台風がスピードダウンしてくれて、見事に晴れたのです。閉会式もまた、降水確率70%だったにもかかわらず雨が降らずに済みました。一方の障害者スポーツ大会開会式も同じように荒天が懸念されたのですが、なんとか天気はもち、一時的なほんの少しのおしめり程度で済みました。そして、閉会式は気持ちのいい日本晴れ。

 これまでも、私が関係するイベントでは、大事な場面で必ず晴れてくれました。ただ、晴れ男だという噂が広がって過度な期待をされては困るので、大きな声では自慢してきませんでした。雨が降ったときにしかられてしまいますからね。でも、昨年は我ながら本当にうまくいきました。

オファーがあればこの年齢でも相撲をとりたい

 長崎国体・障害者スポーツ大会でアスリートたちの活躍を見ているうちに、つくづく私はスポーツが大好きなんだと再認識しました。特に中高生時代に取り組んでいた陸上競技を見ていたら、もう我慢ができません。体の中のスポーツ好きの虫がうずきだしました。やはり、私は机の前でじっとしているよりも、体を動かすほうが性に合っているようです。

 国体に出場するのは無理にしても、同じ年配の人同士が競う「マスターズ陸上競技大会」ならいいんじゃないかと思い始めているところです。

 マスターズ陸上競技大会は年代別に記録を競いますので、狙うは75~79歳のシニア記録。75歳まであと4年ありますので、今からトレーニングを始めれば十分に間に合うはず。走るだけではなく、父親が学生時代にやっていた砲丸投げにもチャレンジしたい。このように、好きなことはなんでも徹底的にやりたい性分。こんなことを言うと笑われそうですが、70歳を過ぎた今でも、もしオファーがあったらぜひ相撲をとってみたいと真剣に思っています。

1/2 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.