日経グッデイ

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁流 健康寿命を延ばす4つのポイント

最終回 人生、「割り切り力」で前進あるのみ!

クイズ番組や健康バラエティ番組の司会を中心に、第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術を紹介してきた本連載も、これが最終回。そこで、「草野仁流健康寿命を延ばす4つのポイント」をお届けする。草野さんには元気なうちにやり遂げたいことがあり、「それを実現するためにも少しでも長く健康でいたい」と日々の生活から気を付けている。

今年も「割り切り力」で頑張りましょう!

 新しい1年が始まりましたが、みなさん、いかがお過ごしですか。

 私は今度の2月で72歳の誕生日を迎えます。今のところまだまだ元気そのものですが、こんな歳ですから、いつ死がやってくるかもしれません。正月早々縁起でもないと言われるかもしれませんが、死はいつか必ず訪れるもの。普段から死を意識して人生には限りがあると考えるからこそ、生きることの大切さが理解でき、毎日を精一杯生きようという気持ちになれると私は思うのです。

 昨年も多くの方の訃報を耳にしましたが、俳優のAさんが60代で急死されたというニュースには衝撃を受けました。

9年前にAさんに下された診断

 私はとくに親しくお付き合いしたわけではありませんが、番組で共演したことがあります。10年ほど前だったでしょうか、私が司会をしていた『ザ・ワイド』という番組に芸能人に人間ドックを受けてもらうコーナーがあり、そこにAさんがゲストとして出演してくださいました。

 はたして、その結果はというと、血圧は最高が190台で最低が110台でしたから、かなりの高血圧でした。

 ところが、Aさんはまったく意に介さないという様子で、人なつこい笑顔で「こんなのよくあることだよ。どうってことないよ」とおっしゃったのです。

 私はそれを聞いて、正直なところ「これはちょっとまずいな」と感じたことを覚えています。

 番組で診察された時点でなんらかの治療をしていれば、もっと長生きされたのではないかと悔やまれてなりません。

 いずれにしても、高齢になればいつ死がやってくるかわかりません。そのときになって、あれをしておけばよかった、ああすればよかったと後悔しないためにも、やりたいことは元気なうちにやっておくことは必要です。

 私にも元気なうちにやっておきたいことがあります。それは…。

元気にうちにやっておきたいこと

 元気なうちにやっておきたいことの一つが、「トップアスリートの強さの根源はどこにあるのか」というテーマで本を書くことです。

 私はスポーツアナとして、数多くの世界的なアスリートに接して、さまざまな話を聞く機会を得ることができました。

 1972年ミュンヘン五輪のマラソン金メダリスト、フランク・ショーター氏には、有名になる前の1971年の福岡国際マラソンで来日したときに話を聞き、マラソンに対する彼の論理的な発想に驚かされたものです。

 前評判は高くなかったのですが、この人は優勝すると私は直感し、実際にその通りになりました。

1980年、レークプラシッド五輪の際にエリック・ハイデン氏と。

 1980年レークプラシッド冬季五輪のスピードスケートで、史上初そして二度とないだろうという、500mから1万mの5種目を完全制覇したエリック・ハイデン氏にも話を聞いています。そして、彼の活躍の陰には、子ども時代からの人並み外れた練習量の蓄積があるのだと知りました。

 そのほかにも、オリンピックに3回連続で出場したマラソンの宇佐美彰朗さんや、プロ野球の往年の名選手であり名監督である川上哲治さんをはじめ、さまざまな方々から興味深いエピソードや示唆に富んだ話をうかがっています。

 それを、ぜひ生きているうちにまとめておきたいと考えているのです。

 もちろん、自分のやりたいことを実現するには、心身ともに元気でなくてはいけません。そこで、私は「健康寿命を延ばす」「楽しく生きる」という2つの気持ちを失わないように心がけています。

 では、そのためにはどうすればよいかというと、このコーナーをずっとご覧になってきた方には繰り返しになってしまいますが、次の4つのポイントが大切だと思うのです。

健康寿命を延ばす4つのポイント

1.食生活 ~ 「おいしい」と感じるものを食べすぎない

 健康的な食生活については、さまざまな意見がありますが、私が自分に言い聞かせているのは、「おいしい」と感じるものを食べすぎないことです。これは、私の大好物である甘いものもそうですし、人によっては焼き肉であったりお酒であったりするでしょう。もちろん適度ならいいのですが、どんなものも過剰になってはいけません。おいしいものこそ、警戒すべき強敵です。

⇒草野さんの食習慣について詳しく知りたい方は「毎朝の体重測定で分かること」をご覧ください。

2.睡眠 ~ 1日に7時間は睡眠をとる

 都会に住む現代人は、どうしても睡眠時間が不規則になりがちですが、1日に7時間は睡眠をとりたいものです。睡眠中には成長ホルモンが分泌され、起きているときに受けた心身のダメージを修復するようにできているそうです。それによって、疲れがとれ、病気への抵抗力・免疫力を高めると言われています。睡眠不足が続けば、それだけ病気にかかりやすくなってしまうでしょうから、とにかく睡眠は大切です。

⇒草野さん流の快眠法について知りたい方は「草野仁、『脱・睡眠の悩み』のための4カ条」をご覧ください。

3.運動 ~ 短い時間でもいいので、毎日歩く

2006年にマスターズ陸上に挑戦、それに向けての練習の模様。

 私くらいの年齢になると、激しい運動は必要ありません。一番いいと思うのはやはりウォーキング。毎日1時間歩くのがいいと言われますが、「20分でも30分でもいいから、できれば毎日歩くようにしよう」というように、気楽に考えるのがいいと思います。

⇒草野さんの運動習慣について知りたい方は「内臓脂肪を減らして『スーパーひとしくん』に!」「草野仁『70歳を過ぎても体を鍛えているワケ』」をご覧ください。

4.楽しみ ~趣味や生きがいを大切にする

 楽しく生きるためには、なによりも趣味や生きがいを大切にすることです。私にとっての趣味であり生きがいは、なんといっても競馬。週末に競馬場に行くと、体の疲れも心のくもりもスカッと晴れて、元気を注入されたような気になります。

⇒草野さんと競馬とのかかわりについて詳しく知りたい方は「認知症予防に効く『競馬』のススメ」をご覧ください。

 そして、この連載の最後で私がお伝えしたいことがもう一つあります。

「割り切り力」が心身の健康の秘訣

 「もっと気楽にやろうよ」ということです。

 日本人というのは、何をするにも一定の線を引いて自分を縛るのが好きな民族ですが、いつもいつもそれが実現できるとは限りません。

 1日1万歩に足りなかったからといって落胆していたら、それこそ健康によくありません。仕事が忙しくて7時間の睡眠が確保できなかったら、翌日にたっぷり寝ればいいじゃありませんか。

 苔ない男、苔ない女になるには、そうした「割り切り力」が大切だと思うのです。考えても仕方のないことは考えない、くよくよせずに割り切って前進あるのみです。

 連載開始から1年と3カ月。長い間、ご愛読いただき、ありがとうございました。これからも、割り切って生きましょう!

(まとめ:二村高史=ライター)

草野 仁(くさの ひとし)
キャスター
草野 仁(くさの ひとし) 1944年2月生まれ。1967年東京大学文学部社会学科卒業後、 NHK入社。鹿児島放送局、福岡局、大阪局を経て、東京アナウンス室へ。主にスポーツ・キャスターとして、五輪中継をはじめ、国内外のスポーツ実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。1985年に独立しフリーに。以降、テレビやCMなどで活躍中。趣味・スポーツは、「映画鑑賞」「ゴルフ」「カラオケ」「競馬」「剣道(二段)」と多才。