日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁流 健康寿命を延ばす4つのポイント  > 2ページ
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁流 健康寿命を延ばす4つのポイント

最終回 人生、「割り切り力」で前進あるのみ!

元気にうちにやっておきたいこと

 元気なうちにやっておきたいことの一つが、「トップアスリートの強さの根源はどこにあるのか」というテーマで本を書くことです。

 私はスポーツアナとして、数多くの世界的なアスリートに接して、さまざまな話を聞く機会を得ることができました。

 1972年ミュンヘン五輪のマラソン金メダリスト、フランク・ショーター氏には、有名になる前の1971年の福岡国際マラソンで来日したときに話を聞き、マラソンに対する彼の論理的な発想に驚かされたものです。

 前評判は高くなかったのですが、この人は優勝すると私は直感し、実際にその通りになりました。

1980年、レークプラシッド五輪の際にエリック・ハイデン氏と。

 1980年レークプラシッド冬季五輪のスピードスケートで、史上初そして二度とないだろうという、500mから1万mの5種目を完全制覇したエリック・ハイデン氏にも話を聞いています。そして、彼の活躍の陰には、子ども時代からの人並み外れた練習量の蓄積があるのだと知りました。

 そのほかにも、オリンピックに3回連続で出場したマラソンの宇佐美彰朗さんや、プロ野球の往年の名選手であり名監督である川上哲治さんをはじめ、さまざまな方々から興味深いエピソードや示唆に富んだ話をうかがっています。

 それを、ぜひ生きているうちにまとめておきたいと考えているのです。

 もちろん、自分のやりたいことを実現するには、心身ともに元気でなくてはいけません。そこで、私は「健康寿命を延ばす」「楽しく生きる」という2つの気持ちを失わないように心がけています。

 では、そのためにはどうすればよいかというと、このコーナーをずっとご覧になってきた方には繰り返しになってしまいますが、次の4つのポイントが大切だと思うのです。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

  • 「股関節」は全身の要! 股関節の状態が健康寿命を左右する

    自分の足で歩ける体を維持したいなら、筋肉はもちろん、体を支える骨とその骨同士をつなぐ関節の維持が極めて重要だ。特に上半身と下半身をつなぐ股関節は、人間の体の中で最も大きな関節で、体の中で最も酷使されている関節の一つ。股関節を維持できるかどうかが、「歩く力」の維持に重要となってくる。本特集では、股関節の基礎知識から健康の保ち方までを一挙に紹介する。

  • 「糖尿病」は予備群のうちに手を打つ

    話題の「食後高血糖」や「血糖値スパイク」って? 気になる最新情報を総まとめ

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.