日経グッデイ

草野仁の「苔(コケ)ない男」

毎朝の体重測定で分かること

「つらい」「おいしくない」は体に良くても続きません

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70歳を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回は、草野さんが日々、コツコツと続けている2つの習慣についてです。

驚くほど簡単な健康法は毎日の食事にある

 そもそも無理な計画や厳しいルールをつくったり、自分が好きものを断ち切ったりしてまで、健康の維持・増進に努めることは不可能に近いのではないのでしょうか。いくら健康に良いと言われようが、つらい運動やおいしく感じない食事を新たに生活に取り入れても、大概は長続きしないものです。

 私自身の経験から言えば、驚くほど簡単に取り組める身近な健康法とは、“ほどほど”に食事に気を付けることだと思います。体をつくる源は何より食事ですし、誰もが毎日食事をとるのですから、実践しやすいという長所もあります。

 私だって決して極端なことはしていません。既にこのコラムでもご紹介したストレッチやダンベル(『毎日1時間の運動で「健康寿命」を延ばす!』をご参照ください)は、趣味のようなものなので人一倍やっていますが、それ以外は健康法というのが恥ずかしいほど、ごくごく普通の生活をしているだけです。朝は30分程度の散歩をして、日々そこそこ頭を使い、食事をとり過ぎないように心掛けるぐらいでしょうか。

 でも、そうした些細なことの積み重ねが、長い目で見るとものをいってくるのかもしれません。

身に付いた習慣は発想の転換で変えられる

 食事については、2年ほど前からご飯の量を少な目にしています。きっかけは、私が司会をしているテレビ東京系列の番組『主治医が見つかる診療所』でした。出演者の1人である姫野友美先生から、こういうお話を聞いたのです。

多忙な年末にかけては、番組関係者との会食も増える時期。この日の夜は外食で、「だし巻き玉子」「てんぷら」「稲庭うどん」という軽めのメニューに。「糖質の取りすぎには気をつける一方で、夕食の時間が遅くなり過ぎないように注意もしています」。
[画像のクリックで拡大表示]

 「体重を減らすには、消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくすればいい。そこで、摂取カロリーのうちで大きな割合を占める炭水化物(糖質)を減らせば、体重を減らすことができます」

 つまり、ご飯を少し減らすのが一番の方法だというわけです。これを聞いて、最初は半信半疑でした。ご飯を食べてこその日本人じゃないかと思って、それを減らすことに抵抗があったのです。それでも、試しにテレビ局が出してくれるロケ弁(お弁当)のご飯を、半分から3分の1ほど残してみることにしました。すると、どうでしょう。1年もしないうちに、4~5キロも減ったではありませんか!

 その後、私の番組のゲストで出演したお笑い芸人のTKO・木下隆行さんや、元プロ野球選手で野球解説者の金村義明さんも、健康診断で惨たんたる結果が出たことで、同じく糖質制限にトライしてダイエットに成功しました。食べ過ぎていたご飯の量を減らし、寝る前の大食いを我慢することで、2人とも体重が減り検査の値が改善したのです。

 糖質制限とは、そもそも糖尿病患者の血糖値コントロールに向くとされる食事法で、メタボ気味の男性にも効果があるとされています。まさに、私たちにぴったり合った方法だったのでしょう。ただし、一部で言われているような、炭水化物を「抜く」という極端な食事法はいいとは思えません。あくまでも、取り過ぎていた炭水化物を少し減らすことで、摂取カロリーを少し抑えるとの考え方がふさわしいのだと思います。

 最初のうちは、ご飯が少なくてもの足りなかったのですが、すぐに慣れました。というのも、ご飯の量は半分にしても、そのほかの肉や魚といった副菜や汁物は残さず食べてもいいのです! 自分に身に付いた習慣というのは、ちょっとした発想の切り替えと、「些細なこと」の積み重ねによって、新たな習慣に改められることを実感しました。

食事は週単位で考える緩いパターンを習慣に

 しかしながら、食事のとり過ぎに注意するといっても、簡単ではない場合もあるはずです。皆さんにもお付き合いがあるでしょうし、お客さんと伴にする席では、なるべく残さずに食べるのが礼儀というものです。私の場合、宴席や接待などの場では、カロリー、糖質がどうのとは考えません。食事は楽しく食べるのが一番。それが健康を保つ秘けつとも思っています。

 「食べ過ぎたな」と感じたときは、翌日の食事を減らすようにしています。もし2夜続けて会食があったら、その後の2日ぐらいは食事を少な目にする。また、こってりしたものを食べたら、翌日はあっさりしたものを食べるようにする。大ざっぱですが、こうして1週間単位でバランスを取るように調整しています。こんな緩やかなパターンを習慣にしておけば、忙しいビジネスパーソンでも実行できるでしょう。食事の度に量やカロリーを気にしていたら、ストレスがたまってかえって健康によくないと思うのです。

 食生活には気を付けるけれども、あまり几帳面になり過ぎない─。

 これが食事に対する私の考え方の基本です。

「飲まんと出世できまへんで」と酒を注がれ3杯でダウン

 ところで、誰が最初に言い始めたのか知りませんが、「生活習慣病」という言葉は実に素晴らしいネーミングだと思いませんか? 高血圧や高脂血症、そしてメタボリックシンドロームといった生活習慣病は、まさに食事や運動、睡眠、ストレスといった生活の習慣に起因しているものです。逆をいえば、ささいな習慣でも、毎日続けたり、心掛けていたりすることで疾患を防ぐだけでなく、心身を若々しく保つことも可能なのです。それだけの復元力を人間はそもそも持っているのです。

 生活習慣病を防ぐには、良い習慣を取り入れるだけでなく、良くない習慣を遠ざける必要もあります。特に大人の嗜好品でもある、タバコとお酒が良くない習慣の筆頭ではないでしょうか。

 タバコが『百害あって一利なし』というのは、どの医師も異口同音におっしゃいます。私も若い頃は、気取ってタバコをふかしていたこともありました。あるとき、家を出て局に行く途中で、「あれ? 火をちゃんと消したかな」と心配になり、仕事中も身が入りませんでした。幸い不安は杞憂(きゆう)に終わったのですが、こんな心配をするのはばかばかしいと思い、それ以来、1本も吸っていません。

 それでは酒はどうかといった話になりますが、『百薬の長』とのことわざ通り、適量であればきっといいのかもしれません。なんだか曖昧な言い方になってしまうのですが、実は私はほとんどお酒が飲めないのです。若い頃から何度飲んでもビール1杯でほろ酔いになるのですから、酒に弱いのだと自覚しました。かつて野球中継でお世話になった元南海ホークス監督の鶴岡一人さんから、「酒を飲まんと出世できまへんで」と言われて、酒席を設けて頂いたのですが、たった3杯でダウンしました。ですから、酒で心配することありません。

朝の体重測定で食事と体重の関係がわかるように

 酒もたばこもやらず、ここまで糖質制限のことを説いてきた私ですが、実は甘いものには目がありません。

 長崎出身ですから、特にカステラは大好物の一つです。ただ、甘いものも食べ過ぎると、体のタンパク質を変成させて老化を進めたり、脂肪が増えることで「悪玉アディポサイトカイン」と呼ばれる動脈硬化を促進させるような生理活性物質を増やしたりするのだそうです。「甘くておいしい」と感じるものこそ大敵で、甘党の私も食べ過ぎないように心がけています。

毎朝体重を測定している、愛用のヘルスメーター。「体重計に乗るだけという本当にささいな習慣ですが、毎日続けるからこそ体に対する気づきがあるのです」。
[画像のクリックで拡大表示]

 70歳を迎えるようになってから私が新たな習慣にしたのが、毎朝体重計に乗ることです。長男に勧められたのがきっかけです。これまでも時々、体重を量ることはあっても、毎朝量るようにしたのはここ1年ぐらいです。

 こうした些細なことでも習慣にしてみると、前日までの食生活と体重との関連がよく分かるようになってきたのです。例えば、前夜遅くに食事を取ると、翌朝にはてきめんに体重が増えています。何を食べれば体重が増えるのか、どんな食事だと増えないかも推測できるようになりました。

 毎日続けられる“些細な習慣”をいくつか持つことは、自分の体の変化にいち早く気づけるサインにもなる。そうした積み重ねが、心身を長く健やかに保つ秘けつにもなるのだと思います。


(まとめ:二村高史=ライター)

草野 仁(くさの ひとし)
キャスター
草野 仁(くさの ひとし) 1944年2月生まれ。1967年東京大学文学部社会学科卒業後、 NHK入社。鹿児島放送局、福岡局、大阪局を経て、東京アナウンス室へ。主にスポーツ・キャスターとして、五輪中継をはじめ、国内外のスポーツ実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。1985年に独立しフリーに。以降、テレビやCMなどで活躍中。趣味・スポーツは、「映画鑑賞」「ゴルフ」「カラオケ」「競馬」「剣道(二段)」と多才。