日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 毎朝の体重測定で分かること  > 2ページ
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

毎朝の体重測定で分かること

「つらい」「おいしくない」は体に良くても続きません

 草野 仁

食事は週単位で考える緩いパターンを習慣に

 しかしながら、食事のとり過ぎに注意するといっても、簡単ではない場合もあるはずです。皆さんにもお付き合いがあるでしょうし、お客さんと伴にする席では、なるべく残さずに食べるのが礼儀というものです。私の場合、宴席や接待などの場では、カロリー、糖質がどうのとは考えません。食事は楽しく食べるのが一番。それが健康を保つ秘けつとも思っています。

 「食べ過ぎたな」と感じたときは、翌日の食事を減らすようにしています。もし2夜続けて会食があったら、その後の2日ぐらいは食事を少な目にする。また、こってりしたものを食べたら、翌日はあっさりしたものを食べるようにする。大ざっぱですが、こうして1週間単位でバランスを取るように調整しています。こんな緩やかなパターンを習慣にしておけば、忙しいビジネスパーソンでも実行できるでしょう。食事の度に量やカロリーを気にしていたら、ストレスがたまってかえって健康によくないと思うのです。

 食生活には気を付けるけれども、あまり几帳面になり過ぎない─。

 これが食事に対する私の考え方の基本です。

「飲まんと出世できまへんで」と酒を注がれ3杯でダウン

 ところで、誰が最初に言い始めたのか知りませんが、「生活習慣病」という言葉は実に素晴らしいネーミングだと思いませんか? 高血圧や高脂血症、そしてメタボリックシンドロームといった生活習慣病は、まさに食事や運動、睡眠、ストレスといった生活の習慣に起因しているものです。逆をいえば、ささいな習慣でも、毎日続けたり、心掛けていたりすることで疾患を防ぐだけでなく、心身を若々しく保つことも可能なのです。それだけの復元力を人間はそもそも持っているのです。

 生活習慣病を防ぐには、良い習慣を取り入れるだけでなく、良くない習慣を遠ざける必要もあります。特に大人の嗜好品でもある、タバコとお酒が良くない習慣の筆頭ではないでしょうか。

 タバコが『百害あって一利なし』というのは、どの医師も異口同音におっしゃいます。私も若い頃は、気取ってタバコをふかしていたこともありました。あるとき、家を出て局に行く途中で、「あれ? 火をちゃんと消したかな」と心配になり、仕事中も身が入りませんでした。幸い不安は杞憂(きゆう)に終わったのですが、こんな心配をするのはばかばかしいと思い、それ以来、1本も吸っていません。

 それでは酒はどうかといった話になりますが、『百薬の長』とのことわざ通り、適量であればきっといいのかもしれません。なんだか曖昧な言い方になってしまうのですが、実は私はほとんどお酒が飲めないのです。若い頃から何度飲んでもビール1杯でほろ酔いになるのですから、酒に弱いのだと自覚しました。かつて野球中継でお世話になった元南海ホークス監督の鶴岡一人さんから、「酒を飲まんと出世できまへんで」と言われて、酒席を設けて頂いたのですが、たった3杯でダウンしました。ですから、酒で心配することありません。

朝の体重測定で食事と体重の関係がわかるように

 酒もたばこもやらず、ここまで糖質制限のことを説いてきた私ですが、実は甘いものには目がありません。

 長崎出身ですから、特にカステラは大好物の一つです。ただ、甘いものも食べ過ぎると、体のタンパク質を変成させて老化を進めたり、脂肪が増えることで「悪玉アディポサイトカイン」と呼ばれる動脈硬化を促進させるような生理活性物質を増やしたりするのだそうです。「甘くておいしい」と感じるものこそ大敵で、甘党の私も食べ過ぎないように心がけています。

毎朝体重を測定している、愛用のヘルスメーター。「体重計に乗るだけという本当にささいな習慣ですが、毎日続けるからこそ体に対する気づきがあるのです」。
[画像のクリックで拡大表示]

 70歳を迎えるようになってから私が新たな習慣にしたのが、毎朝体重計に乗ることです。長男に勧められたのがきっかけです。これまでも時々、体重を量ることはあっても、毎朝量るようにしたのはここ1年ぐらいです。

 こうした些細なことでも習慣にしてみると、前日までの食生活と体重との関連がよく分かるようになってきたのです。例えば、前夜遅くに食事を取ると、翌朝にはてきめんに体重が増えています。何を食べれば体重が増えるのか、どんな食事だと増えないかも推測できるようになりました。

 毎日続けられる“些細な習慣”をいくつか持つことは、自分の体の変化にいち早く気づけるサインにもなる。そうした積み重ねが、心身を長く健やかに保つ秘けつにもなるのだと思います。


(まとめ:二村高史=ライター)

草野 仁(くさの ひとし)
キャスター
草野 仁(くさの ひとし) 1944年2月生まれ。1967年東京大学文学部社会学科卒業後、 NHK入社。鹿児島放送局、福岡局、大阪局を経て、東京アナウンス室へ。主にスポーツ・キャスターとして、五輪中継をはじめ、国内外のスポーツ実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。1985年に独立しフリーに。以降、テレビやCMなどで活躍中。趣味・スポーツは、「映画鑑賞」「ゴルフ」「カラオケ」「競馬」「剣道(二段)」と多才。

先頭へ

前へ

2/2 page

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.