日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁流 「かかりつけ医」選びの4カ条
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁流 「かかりつけ医」選びの4カ条

第15回 「元気で働けるのは、何でも相談できる医師の存在ゆえ」

クイズ番組や健康バラエティ番組の司会を中心に、第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回のテーマは「頼りになる『かかりつけ医』の選び方」だ。30年来お世話になっているかかりつけ医を持つと同時に、医療系の番組の司会を務める仕事柄、医師との付き合いも多い草野さんに、かかりつけ医選びの4カ条を聞いた。

 私が70歳を過ぎても元気で働いていられる大きな要素の一つに、いつでも気軽に相談できて頼りになる「かかりつけ医」の存在があります。

 政府も、医療問題の解決のために、かかりつけ医を持つことを奨励しています。とはいえ、どうやってかかりつけ医を選べばよいのか、迷っている方も多いことと思います。そこで今回は、「草野流かかりつけ医選びの4カ条」を紹介しましょう。

第1条 患者の訴えを全面的に聞いてくれる

体調が悪いとき、いつでも気軽に相談できる「かかりつけ医」がいると安心ですよね。

 まず、私たち患者が訴えることをきちんと聞いて、すべて受け入れてくれるお医者さんでなければなりません。

 「ここが痛い、調子が悪い」といえば、「そんなはずはない」「ああ、わかっているよ」と言うのではなく、患者が何を訴えているのか、そしてどうしてほしいのかを親身になって聞いてくれる医師であることが大切です。

 端的にいえば、患者を自分の家族のように思って対応できる医師が理想です。もちろん、そうした理想のタイプはなかなか見つかりませんが、少なくとも患者の言うことを最後まできちんと聞いてくれる人を求めていくべきでしょう。

 そして、「この人は信頼できる医師だ」と思ったら、患者も心を開いてすべて正直に話す必要があります。「こんなことを言っても意味はないだろう」「こんなことを訴えたら恥ずかしい」などと自分で判断して言い控えるのはいけません。

 これは、実際に医師の方々から聞いた話ですが、状態が悪い患者ほど症状を軽く言うのだそうです。逆に、深刻に言う人はあまり心配ないことが多いとのこと。

 実際に症状が軽くても、そこに病気のポイントが隠されているかもしれません。痛み、苦しみ、違和感があれば、どんなに軽くてもすべて正直に伝えるのが患者の役目だと思います。

 それができてはじめて、医師は適切な診断を下せるわけです。いくら名医でも、患者がきちんと説明してくれなくては誤診をする恐れがあります。お互いの信頼は大切です。

第2条 自分の領域外であればすぐに専門医を紹介してくれる

 いくら優れた医師であっても、医学のすべての領域をカバーするのは不可能です。また、かかりつけ医となるのは、いわゆる「町医者」であることが多いので、高度な医療機器を置いているとは限らず、検査にも限度があります。

 そこで、患者さんの病気が自分の専門外と分かったときに、すぐに大病院なり専門医なりを紹介してくれる医師こそが、かかりつけ医にする大切な条件です。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.