日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁流 「かかりつけ医」選びの4カ条
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁流 「かかりつけ医」選びの4カ条

第15回 「元気で働けるのは、何でも相談できる医師の存在ゆえ」

クイズ番組や健康バラエティ番組の司会を中心に、第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回のテーマは「頼りになる『かかりつけ医』の選び方」だ。30年来お世話になっているかかりつけ医を持つと同時に、医療系の番組の司会を務める仕事柄、医師との付き合いも多い草野さんに、かかりつけ医選びの4カ条を聞いた。

 私が70歳を過ぎても元気で働いていられる大きな要素の一つに、いつでも気軽に相談できて頼りになる「かかりつけ医」の存在があります。

 政府も、医療問題の解決のために、かかりつけ医を持つことを奨励しています。とはいえ、どうやってかかりつけ医を選べばよいのか、迷っている方も多いことと思います。そこで今回は、「草野流かかりつけ医選びの4カ条」を紹介しましょう。

第1条 患者の訴えを全面的に聞いてくれる

体調が悪いとき、いつでも気軽に相談できる「かかりつけ医」がいると安心ですよね。

 まず、私たち患者が訴えることをきちんと聞いて、すべて受け入れてくれるお医者さんでなければなりません。

 「ここが痛い、調子が悪い」といえば、「そんなはずはない」「ああ、わかっているよ」と言うのではなく、患者が何を訴えているのか、そしてどうしてほしいのかを親身になって聞いてくれる医師であることが大切です。

 端的にいえば、患者を自分の家族のように思って対応できる医師が理想です。もちろん、そうした理想のタイプはなかなか見つかりませんが、少なくとも患者の言うことを最後まできちんと聞いてくれる人を求めていくべきでしょう。

 そして、「この人は信頼できる医師だ」と思ったら、患者も心を開いてすべて正直に話す必要があります。「こんなことを言っても意味はないだろう」「こんなことを訴えたら恥ずかしい」などと自分で判断して言い控えるのはいけません。

 これは、実際に医師の方々から聞いた話ですが、状態が悪い患者ほど症状を軽く言うのだそうです。逆に、深刻に言う人はあまり心配ないことが多いとのこと。

 実際に症状が軽くても、そこに病気のポイントが隠されているかもしれません。痛み、苦しみ、違和感があれば、どんなに軽くてもすべて正直に伝えるのが患者の役目だと思います。

 それができてはじめて、医師は適切な診断を下せるわけです。いくら名医でも、患者がきちんと説明してくれなくては誤診をする恐れがあります。お互いの信頼は大切です。

第2条 自分の領域外であればすぐに専門医を紹介してくれる

 いくら優れた医師であっても、医学のすべての領域をカバーするのは不可能です。また、かかりつけ医となるのは、いわゆる「町医者」であることが多いので、高度な医療機器を置いているとは限らず、検査にも限度があります。

 そこで、患者さんの病気が自分の専門外と分かったときに、すぐに大病院なり専門医なりを紹介してくれる医師こそが、かかりつけ医にする大切な条件です。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.