日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁式! 声を使うプロの風邪対策…“奥の手”も公開

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁式! 声を使うプロの風邪対策…“奥の手”も公開

第14回 手洗い・うがいは当たり前!それでもひいてしまったときは…

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回のテーマは「風邪対策」だ。仕事柄、風邪にはかなり気をつけていると思われる草野さんに、風邪対策について話をうかがった。この時期手放せないのは、マスクと加湿器だそうです。

 木枯らしが吹き始めて、いよいよ冬の到来も間近。風邪やインフルエンザが流行する季節がやってきました。私も声を使うキャスターという仕事柄、人一倍風邪には気をつけているつもりです。今回は、私なりの風邪の対策を紹介しましょう。

キャスターなのに、のどに弱点あり

 私は、子どものころから元気いっぱいで腕白な少年でしたが、それでも年に一度くらいは風邪をひいて1日か2日は学校を休んでいたものです。

 風邪には人によっていろいろなタイプがあるといわれますが、私の風邪はいつものどから。なんとなく「のどが痛くなりそうだな」という違和感で始まります。それを放っておくと声がかれてきて、やがて風邪の症状が全身に広がっていくといった具合です。

 もちろんキャスターは声が商売ですから、かれては大変です。ですから、この仕事を始めて以来、風邪をひかないように細心の注意を払ってきました。

「風邪ひきの人と会わない」のが最良の予防法!?

 「風邪の予防には、風邪ひきの人と会わないのが一番。だから、私の家には風邪をひいている人は絶対に入れません!」

 こうおっしゃっていたのは、2011年に亡くなったテノール歌手の五十嵐喜芳さんでした。さすが、のどを大切にする歌手の方らしい徹底ぶりです。

 もっとも私の場合、仕事でしょっちゅう出かけなくてはなりませんから、そうも言っていられません。

 そこで、風邪が流行する冬場になると、空港や駅など不特定多数の人が出入りする場所に行くときは、予防のために必ずマスクをするようにしています。とくに注意が必要なのは飛行機の機内です。大勢の人が出入りするうえに空気が乾燥していますから、冬場に限らずマスクは離せません。

外出時にマスクは手放せません。

1/3 page

最後へ

次へ

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.