日経グッデイ

草野仁の「苔(コケ)ない男」

ある「スーパーウーマン」から学んだこと

70歳になってアフリカについて勉強を始めたわけ

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70歳を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回は、草野さんが「スーパーウーマン」と尊敬し、自身が司会を務めるクイズ番組にも出演しているあの女性も登場します。

ペースを緩めると“落とし穴”が隠れている

 「草野さんは、どうしてそんなにお若いのですか?」

 よくそう聞かれます。もちろん、前回お伝えしたように(「毎日1時間の運動で「健康寿命」を延ばす!」)体を鍛えていることもありますが、それだけではありません。いくら肉体を鍛えても、精神的に老いてしまって若さは保てません。

「彼女の学びの姿勢が、私に刺激を与えてくれました。頭の“瞬発力”は相変わらずで、番組の収録時にも『その問題は第○○回の××にそっくり』との反応が即座に返ってくるほどです」。写真は、自身が司会を務めるクイズ番組でのパーフェクト賞を祝う会のひとコマ。

 では、どうすればよいのか。

 若さを失わないためには、自分の目標や理想を持ち続けることです。私は色紙にサインを頼まれると、「夢 実現」と書くようにしています。私が若く見えるのだとしたら、そうした気持ちが強いからなのかもしれません。

 世の中では、60歳、70歳となると、「これまであくせく働いてきたから、これからは少しゆっくりしてみようか」と考える方が多いようです。でも、それまでのペースを緩めることに、“落とし穴”があると私は思います。私の周りを眺めてみても、スピードを落とすことで衰えを進めてしまうケースがとても多いのです。

 逆に、いつまでも変わらないスピードを持つ人は、衰えを知りません。そのことを実感として学んだのが、私が司会を務めるTBS系列のクイズ番組「世界ふしぎ発見!」で、30年近くお付き合いしている黒柳徹子さんです。

 中年期から30年という月日が過ぎれば、どうしても衰えが見えてくるものです。ところが、黒柳さんを見ていると、一度も「衰え」を感じたことがありません。スピードが落ちないのです。今回は、その理由を物語るエピソードをご紹介しましょう。

「出演をきっかけに腰を据えて勉強したい」

 1986年に「世界ふしぎ発見!」が始まるとき、担当者が黒柳さんに出演依頼をしたところ、最初は「私はクイズ番組には出ません」とキッパリ断られたといいます。負けず嫌いな黒柳さんは、解けない問題があることを視聴者に見られたくなかったのだそうです。そもそもこの番組は、正解した人は頭が良いということではなく、人間の考え方や行動に多様性があることを示そうとする狙いがありました。その点を強調して、私は説得を試みました。

 黒柳さんは1週間考えた末、出演を承諾してくれました。でも、そこで一つだけ条件を付けたのです。

 「音楽やお芝居の問題ならば、人に負けない知識があります。でも、科学やスポーツはもちろん、地理、歴史の分野は知らないことばかり。そこで考えたのですけど、この番組に出ることをきっかけにして、腰を据えて勉強しようと思うんです」

 黒柳さんが要求した条件というのは、番組収録の1週間前でいいから、「開拓時代のアメリカ」「大航海時代」といった程度の、大まかなテーマを教えてほしいとのことでした。そうすれば、収録までの間にいろいろと本を読んで、大ざっぱなイメージを頭に入れることができるというわけです。結局、ほかの4人の回答者にも同じ条件を与えることで番組が始まりました。

 その話を聞いて、私は正直言って半信半疑でした。

 「勉強するとはいっても、忙しい方だから難しいのではないか。たかだか娯楽番組に出演するくらいで、本当に勉強するのだろうか」

週5冊を読破、目を真っ赤にして収録に

 そんなある日、黒柳さんは真っ赤に充血した目でスタジオにいらっしゃいました。聞けば、今週は本を3冊買い込んだのに、非常に忙しくて1冊目に手がかかったのが前夜の10時。そして、難しい内容ばかりの本を必死に読んで頭に入れ、ようやく3冊目を読み終わったのがついさっき。午後の3時だというのです。

 これを聞いて私は驚きました。テレビやお芝居の仕事が終わってから、一睡もしないで17時間も本と格闘していたのです!

 30年近く経った今でも、毎週平均5冊の本を読んでいるといいます。「音楽家について」というこれまた抽象的なテーマを出したときには、なんと週に16冊も読んだそうです。こんなことが続けられる人は、芸能界だけでなく、広い世界でもそうはいないでしょう。私が、心の中で「スーパーウーマン」と呼んでいるゆえんです。

テレビ番組の収録やロケでの移動の合間を見つけては、関心や興味を持ったテーマを学んだり、調べたりする習慣を身に付けるようにした。
[画像のクリックで拡大表示]

 黒柳さんと接していると、「人間は、頭脳を使いすぎて病気になることはない」ということを身に染みて感じます。私たちは、もっと頭を使って活動しなくてはならないと思うのです。使わないままで死滅する脳細胞の方が問題です。何かに関心を持ったら、スピードとエネルギーを注いでいくのが一番。目の前に黒柳徹子さんといういい実例があるからにほかなりません。

 私も彼女を見習い、最近になって様々なことを勉強し直そうと考えるようになりました。「わからない」「知りたい」ということがあったら、すぐにネットを使ってでも調べるようにしています。

今、アフリカについて猛勉強中

 今、私が学ぼうとしているのは世界の地理です。とくに、私たちの世代が弱いのはアフリカの地理や歴史です。世界各地のあらゆることを取り上げるクイズ番組の司会者なのですから、アフリカの国名を言われたらすぐに、その歴史や地名の由来ぐらいはパッと答えられるようにしたいのです。そのために、本をたくさん買い込んで勉強をしているところです。

70歳で一念発起し、アフリカに関する書籍を買い込んだ。「こんな行動力を与えてくれたのも、黒柳徹子さんからの影響が大きい」(草野)。
[画像のクリックで拡大表示]

 新しく何かを始めるのに、年齢は関係ありません。「いくつになっても、やろうと思ったときが適齢期」だと、私は信じています。そして、やりたいことをすぐに実行すること、始めたらスピードを落とさずに続けることが若さを保ち続ける秘けつだと思うのです。

 米国の詩人サミュエル・ウルマンの詩に、「青春とは人生のある期間ではなく、 心の持ち方をいう」「年を重ねただけで人は老いない、理想を失うとき初めて老いる」との一節があります。

 まさに、私もその通りだと思います。


(まとめ:二村高史=ライター)

草野 仁(くさの ひとし)
キャスター
草野 仁(くさの ひとし) 1944年2月生まれ。1967年東京大学文学部社会学科卒業後、 NHK入社。鹿児島放送局、福岡局、大阪局を経て、東京アナウンス室へ。主にスポーツ・キャスターとして、五輪中継をはじめ、国内外のスポーツ実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。1985年に独立しフリーに。以降、テレビやCMなどで活躍中。趣味・スポーツは、「映画鑑賞」「ゴルフ」「カラオケ」「競馬」「剣道(二段)」と多才。