日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁、「脱・睡眠の悩み」のための4カ条
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁、「脱・睡眠の悩み」のための4カ条

第12回 枕、パジャマ…、快眠を得るためにはモノ選びも重要

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回のテーマは「睡眠」。昔は睡眠で悩んだこともある草野さんだが、最近は毎日ぐっすり眠れているのだそう。さて、草野式快眠4カ条とは?

 なかなか寝つけない、眠りが浅いなど、睡眠にお悩みを持っている方は数多くいらっしゃるようです。私も以前は、そうした悩みを持っていたこともありましたが、現在ではすっかり解決。いくつかの工夫をすることで、快眠を手に入れることができました。

 今回は、草野式快眠4カ条を紹介しましょう。

第1条 「枕にこだわる」~体と頭の角度が15度になるのが理想的

 快眠の第1のポイントは「枕」です。枕は高すぎても低すぎても、質のよい睡眠はとれません。では、どういう枕がよいのでしょうか。

こちらが愛用の枕。無理なく寝返りを打てるようになっている。

 この答えを教えてくださったのが、以前、私が司会をしている番組に出演した整形外科医の山田朱織先生です。お父様の代から親子2代にわたって枕と睡眠の研究を重ねてきた方です。

 山田先生によると、よい枕の高さというのは、仰向けに寝たときに喉や首筋に圧迫感がなく、後頭部から肩にかけて力が抜けている状態になる高さとのこと。具体的にいうと、体に対して頭と首が15度の角度になっているのが理想的なのだそうです。

 山田先生とは、今年になってから仕事で再びご縁があって、先生が推薦する枕を私も作っていただくことになりました。もちろん、15度が理想的な角度とはいっても、人によって体型も寝相も頭の重さも違います。購入前に測定をしてもらい、オーダーメイドに近い枕を調整していただいたのです。

 そうして出来上がった枕を使って数カ月になりますが、明らかに寝付きもよくなり、以前よりもぐっすり眠れるようになりました。これは私だけでなく、私と一緒に枕を作った妻や仕事仲間のほとんども同じような感想を口にしています。

無理なく寝返りを打てることがポイント

 では、なぜ枕の高さが重要なのでしょうか。山田先生によれば、寝返りと深い関係があるというのです。

 枕の高さが合っていると、力を入れなくてもスムーズに寝返りが打てます。ところが、枕の高さが合っていないと、腰を中心に余計な力がかかってしまい、「よっこらしょ」といった感じで寝返りを打たねばならず、体に負担をかけてしまうのです。朝起きて、首が痛い、肩や腰がだるいという人は、枕が合っていないのかもしれません。

 もちろん、枕を買うのに、いちいち測定をしてもらうのは大変だという方も多いでしょう。それでも、15度という角度を頭に入れて選ぶだけで、ずいぶん違いがあるのではないかと思います。

 そして、枕で大切なことが、もう一つ。それは…。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.