日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > コラム  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁「ゴルフ場でけいれん!熱中症であわや…」
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁「ゴルフ場でけいれん!熱中症であわや…」

第11回 夏は枕元にミネラルウォーターを常備

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回は「熱中症」について。実はカラダが丈夫な草野さんも、熱中症にはかかったことがあるのだそう。その経験から学んだことなどについてお話いただきました。

ゴルフコースで、まさかのけいれん!

 酷暑の季節がやってきました。今年は7月中旬から急に暑くなったためか、熱中症で搬送された方も数多くいらっしゃるようです。

 実は、私も熱中症になったことがあります。普段は健康な人でも油断は禁物だという例として、恥ずかしながらそのときの様子を紹介しましょう。

 それは、10年ほど前の7月のこと。日本テレビ系列の午後のワイドショー番組「ザ・ワイド」の司会をしていたころの話です。当時は、プロ野球の巨人軍が毎年夏になると札幌遠征を行っており、その間はデーゲームの中継があるために「ザ・ワイド」がお休みになっていました。

 平日の昼間に休める数少ないチャンスですから、じゃあ仲間とゴルフコンペをやろうということになりました。梅雨が明けて暑さが本格化するなか、午前中にハーフを2時間半ほどで回り、昼食をとってから午後のラウンドに向かったのです。

 ところが、スタートして30分ほどしたところで、片脚の筋肉がひくひくとけいれんを起こすではありませんか。普段から筋トレで鍛えているはずなのに変だなあと思っているうちに、もう片方の脚もけいれんを始めました。そして、とうとう歩くことができなくなってしまい、クラブハウスに搬送してもらったのです。

熱中症の一件以来、「外出前の水分補給や、こまめな水分補給を心がけています」

「誰でも熱中症になる可能性がある」

 幸いなことに、水を飲んで休んでいるうちにけいれんも収まりました。

 のんきなもので、「なぜけいれんを起こしたんでしょうかね」などと私が話していると、クラブハウスの医師から「典型的な熱中症の症状です」ときっぱり言われてしまいました。

 汗をかくと体内の塩分が排出されるので、体内のナトリウム濃度が低下するそうです。それが原因で、めまいや筋肉のけいれんが起こるのだとか。頭痛やめまいといった症状は聞いていましたが、そのときは筋肉のけいれんだけでしたし、そもそも自分が熱中症になるとは夢にも思っていませんでしたから、これには驚きました。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.