日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > コラム  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 根強く残る「草野仁カツラ説」の真偽  > 4ページ目
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

根強く残る「草野仁カツラ説」の真偽

第10回  目、歯、頭髪に関する衝撃(?)の事実をお話しします

 草野 仁

根強く残る「草野仁カツラ説」の真偽は

 目、歯…、と来たので、毛髪の話もしておきましょう。以前、「草野仁カツラ説」という噂がネット上で広まったことがあります。カツラでないことは、ある番組のなかで元TBSアナウンサーの小島慶子さんが私の髪をグイと引っ張り、テレビカメラの前で証明してくれました。

 それでも、いまだにネット情報で「カツラ説」が根強く残っているのは、70歳にしてはふさふさなのが不自然に見えるからでしょう。光栄といえば光栄なことです。

頭髪は長年、同じヘアメイクさんに担当してもらっている。
[画像のクリックで拡大表示]

 もっとも、ふさふさして見えるのは、少なくなった髪をヘアメイクさんが上手にまとめてくださっているからです。ただ、そのパターンがいつも同じなのと、軽く染めてもらっていることでカツラだと思われるのかもしれません。

 この年まで髪を残すことができた理由は、髪を清潔に保ったからではないかと思います。毎日1回は必ず頭を洗っています。洗いすぎはかえってよくないという人もいますが、私の場合、仕事がら頭髪を整髪料で固めていますので、それをこまめに落としたほうがいいと考えているからです。

スキンヘッドの司会者が、テレビから「ふしぎ発見!」?

 そもそも私の髪の毛は、髪質が柔らかくて細い、いわゆる猫っ毛です。高校時代にリーゼントに挑戦したものの断念したつらい思い出は、このコラムの第8回「中高年のための草野仁流ファッション考」で告白したとおりです。そんな髪質ですから、若いときから「将来ヤバいぞ」と周囲に言われていましたし、私もそうかなと思っていました。

 特に 、私が大阪放送局にいた30代のころ、先輩の男性アナが、座っていた私の頭をまじまじと上から眺めて、「草野さん、ヤバいよ。これは薄くなるぞ!」と叫んだのは記憶に残っています。

 当時の私が考えていたのは、40歳になる前に毛髪が乏しくなったらカツラをかぶろうということでした。カメラの前でしゃべるのが仕事ですから、あまり若いときから頭がさみしいのもどうかなと思ったからです。

 一方、40歳を過ぎて薄くなったら、いっそのことスキンヘッドにしてみようかとも考えていました。ですから、スキンヘッドの司会者が、お茶の間に向かって「ふしぎ発見!」と言っていた可能性があったかもしれません。

 ちなみに、さきほどの男性アナの話ですが、当時はふさふさだったその方のほうが先に頭がさみしくなってしまったというオチがついています。

 目、歯、髪…、いろいろな話をしましたが、特に目と歯はQOLに大きく影響するので、ケアを怠らないようにしたいものですね。

(まとめ:二村高史=ライター)

草野 仁(くさの ひとし)
キャスター
草野 仁(くさの ひとし) 1944年2月生まれ。1967年東京大学文学部社会学科卒業後、 NHK入社。鹿児島放送局、福岡局、大阪局を経て、東京アナウンス室へ。主にスポーツ・キャスターとして、五輪中継をはじめ、国内外のスポーツ実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。1985年に独立しフリーに。以降、テレビやCMなどで活躍中。趣味・スポーツは、「映画鑑賞」「ゴルフ」「カラオケ」「競馬」「剣道(二段)」と多才。

先頭へ

前へ

4/4 page

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.