日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > コラム  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 根強く残る「草野仁カツラ説」の真偽
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

根強く残る「草野仁カツラ説」の真偽

第10回  目、歯、頭髪に関する衝撃(?)の事実をお話しします

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回はQOL(クオリティ・オブ・ライフ)と大きく関係する「目」と「歯」、そして、ネットなどで根強く残る「草野仁カツラ説」の真偽について語っていただく。

丈夫な体の中で唯一の弱点は“目”

 幸い、私は生まれつき頑丈な体に恵まれたのですが、そんな中で唯一の弱点といってよいのが目です。

 初めて目の異常を感じたのが、NHKの大阪放送局時代、32歳のときのことです。目が異様に乾くのが気になりました。さらに、眼球の動きにともなって視野を黒い虫のようなものが動く、いわゆる飛蚊症(ひぶんしょう)のような症状に気づきました。

70歳を過ぎた今も、老眼鏡は使わない。
[画像のクリックで拡大表示]

 眼科医に行くと、「眼圧が高い」という診断を受けました。正常の状態ならば、眼球の内部を満たしている房水という液体の生産量と流出量のバランスがとれているため、眼球内の圧力は一定です。ところが、何かの原因で生産量のほうが多くなると、圧力が高くなってしまうのです。

 眼圧が高いまま放置しておくと緑内障の原因となり、失明の恐れがあるそうです。そうなっては大変なので、東京の大学病院の先生をご紹介いただき、眼圧を下げる手術をしてもらい、その後も点眼薬を使いながら70代まで無事に過ごしてきました。

 しかし、その手術から40年後、驚きの事実が発覚したのです。

白内障の手術を受けて明らかになった衝撃の事実

 きっかけは、70歳になって受けた白内障の手術でした。ご存じのように、白内障は目の水晶体が濁る病気です。加齢が大きな原因となって起きるとされ、緑内障と違い、ほとんどの人が避けられない症状だといわれています。

 徐々にものが見えにくくなっていましたし、車のヘッドライトや家の照明をまぶしく感じるという典型的な白内障の自覚症状があったので、眼科医として世界的にも名高い先生の診察を受けることにしました。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 筋肉を衰えさせない「たんぱく質」の正しい摂取法

    最近、筋肉の大切さが指摘される中で、「たんぱく質をしっかりとるべき」という意識が定着しつつある。だが、たんぱく質は、誤解されていること、そして知っているようで知らないことが多くある。いくらとってもいいのか、肉と大豆ではどっちがいいのかなど、即答できない人も多いだろう。本特集では、たんぱく質の基礎から、正しい摂取法、そして身近な食品に含まれるたんぱく質の量までを一挙に紹介する。

  • あなたの腎臓、大丈夫? 急増する慢性腎臓病を防ぐ

    普段あまり意識することの少ない「腎臓」。だが近年、人口の高齢化に伴い、慢性腎臓病から人工透析へと至る患者が急増している。腎臓は、ひとたびその機能が失われると、坂道を転がり落ちるように悪化していく。そうなる前に腎臓の異常を察知し、腎機能の悪化を食い止めるにはどうすればいいのか。重要ポイントをまとめた。

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.