日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > コラム  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁「70歳を過ぎても体を鍛えているワケ」  > 3ページ目
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁「70歳を過ぎても体を鍛えているワケ」

「死ぬまで、せめてトイレぐらいは自力で行きたい」

 草野 仁

お薦めは「早歩き」「ゆっくり歩き」のインターバルウォーキング

 定期的なエクササイズに加えて、私が中高年の方に一番お薦めしているのがウォーキングです。特別な道具はいりませんし、どこでもできます。私も可能な限り、毎朝30分以上は歩くようにしています。出張に行ったらホテルの周囲を歩いています。

 ウォーキングをするときは、同じペースで歩くのではなく、早歩きとゆっくり歩きを交互に2分間繰り返す「インターバルウォーキング」を取り入れています。ランニングのインターバルトレーニングには及びませんが、それでも心肺機能を鍛える効果があるとの話を専門家から聞いたことがあります。

 歩き方にも注意しています。背すじを伸ばして、胸を張り、正面を見て歩くようにしています。「そんなの当たり前だろう」と思われるかもしれませんが、これが意外とできていない方が多いのです。試しに、普段履いている靴の底を見て、かかとの減り具合をチェックしてみてください。左右の足とも、かかとの部分が均等に減っていれば理想的ですが、外側の方がかなり減っている人が多いのではないでしょうか。左右どちらかだけ、減りが早い人もいるに違いありません。

内ももを意識して歩けば「内転筋」が刺激できる

 これらは歩くときに足の外側に力がかかっているために起こります。上体や脚に歪みがあったり、それによって体のバランスが崩れていたりすることが原因だといわれています。人間はどうしても楽な姿勢で歩こうとするために、こうした癖を長く続けていると、使わない筋肉は衰えやすく、やがて膝や腰を痛めかねません。

 こうしたことを防ぐためにも、私は「かかとの内側」から地面に着ける意識で歩いています。この歩き方を続けていると、太ももの内側にある「内転筋」という筋肉が刺激されます。この筋肉は骨盤につながっていて、全身のバランスや内臓の働きにも影響を与えているそうです。

 よく「衰えは脚から」と言われますが、高齢者が転倒して骨折などをしてしまうと、こうしたことがきっかけで「寝たきり」や「認知症」を進めることもなりかねません。

 まさに、筋肉を衰えさせないことが、老後のQOL向上に直結している。そのためには運動習慣をできるだけ早く身につけ、長く続けていくことが最良の方法なのだと思います。

(まとめ:二村高史=ライター)

草野 仁(くさの ひとし)
キャスター
草野 仁(くさの ひとし)  1944年2月生まれ。1967年東京大学文学部社会学科卒業後、 NHK入社。鹿児島放送局、福岡局、大阪局を経て、東京アナウンス室へ。主にスポーツ・キャスターとして、五輪中継をはじめ、国内外のスポーツ実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。1985年に独立しフリーに。以降、テレビやCMなどで活躍中。趣味・スポーツは、「映画鑑賞」「ゴルフ」「カラオケ」「競馬」「剣道(二段)」と多才。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

  • 悩ましい「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法

    放っておいても失明につながる心配はないものの、日常生活に不便をもたらしたり、疲れや肩こりなどの体の不調を引き起こす、悩ましい目の症状。今回は、そうした「ちょっと困った目の症状」の代表例である「老眼」「飛蚊症」「ドライアイ」への対処法をまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.