日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > コラム  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 草野仁「70歳を過ぎても体を鍛えているワケ」  > 2ページ目
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

草野仁「70歳を過ぎても体を鍛えているワケ」

「死ぬまで、せめてトイレぐらいは自力で行きたい」

 草野 仁

 ご承知のように、高齢期になると細胞を産生する力が弱まります。一説によると、20歳前後から筋肉の量は何もしなければ自然に減り始め、加齢とともに代謝も落ちていきます。それを食い止めるには、やはり筋肉を鍛えることが有効だとされています。

運動習慣を身につけるコツは「毎日頑張らない」こと

 体を鍛えるために私が続けているのは、この連載の第1回目(関連記事:『毎日1時間の運動で「健康寿命」を延ばす!』)でもお話ししたように、エルゴメーター(自転車型トレーニングマシン)とダンベル5kgを使った筋トレです。さらに、自分で考案した8種体操、真向法体操の第一体操を取り入れて、柔軟性を保つことも心がけています。

 読者のみなさんにも、できたら定期的に運動を続けて頂きたいと思いますが、私と同世代の人たちであればゆったりとした気持ちで続けることをお勧めしたいと思います。というのも、日本人は几帳面すぎる人が多いためなのか、「こうと決めたら最後までやり抜く」と考えて頑張り過ぎてしまい、結局、続かなくなりがちなのです。運動の習慣化に関して言えば、決めたことを全部やる必要はなく、できる範囲で続ければいいのです。

70代にして驚くべき柔軟性の高さ! 「衰えは足腰からと言われるように、鍛えるだけではなく、股関節や骨盤の周りの柔軟性も維持するようにしています。真向法体操の第一体操だけは、場所を取らないので、出張先などでも欠かさず行っています」。
[画像のクリックで拡大表示]

 私のトレーニングメニューは1時間相当で組んでいますが、忙しい日が続けばすべて消化できるわけではありません。1時間が無理ならば30分、その30分が取れなければ10分、あるいは5分でもいいから続けてみる。もちろん、お酒を飲んで帰宅した日やとても疲れている日は、休むときもあります。たとえ毎日の日課として掲げていたとしても、「1週間トータルで4、5日はできたかな」というぐらいの姿勢が、運動を習慣化させるコツだと思います。今からアスリートを目指すわけではないのですから、気楽に考えればいいのです。

 言うまでもなく、苦しいと感じているのに、無理して運動を続けるのもよくありません。私の判断の基準は、「苦しくなったらやめる。痛くなったらやめる」です。そうして2、3日休んでみて、良くなったと思ったら、少しずつ再開すればいい。私たちの世代はどうしても「苦しさを乗り越えれば自分のためになる」といった根性論、精神論的に物事を考えがちですが、運動で体を壊しては元も子もありません。先に申し上げたように、1週間のトータルで考えればこそ、無理をしなくても済む。QOLを高めようと運動をするならば、細く長く続けることが第一なのではないでしょうか。

RELATED ARTICLES関連する記事

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.