日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 中高年のための草野仁流ファッション考
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

中高年のための草野仁流ファッション考

第8回 赤、青、黄色…ビビッドな色の服でいつも気持ちを前向きに

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70代を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。ときにビビッドな色合いの衣装をまとい、またあるときはジェントルなスーツ姿でテレビ画面に登場する…。今回は、いつもオシャレな草野さんが考える「中高年のファッション」について。内面を若く保つためには、外見を若々しく保つことも大切だと言います。

「草野さんはオシャレですね」

 心の若々しさと身だしなみは、切っても切れない関係にあると思っています。

 私のような年齢になると、いくら気は若いつもりでいても、着ているものが年寄りくさくては、周囲の人からは“老人扱い”をされてしまいます。やがては、本人の気持ちも年寄りっぽくなってしまうに違いありません。「人は見た目ではない。問題は中身だ」とよくいわれますが、若さを保つという観点においては、この言葉は必ずしも当てはまらないのではないでしょうか。年を取ってこそ、オシャレに気を使うべきだと私は思うのです。

「心身の若々しさを高める心がけは大切ですが、普段から身にまとう服装には『年齢』が現れやすいと考えています。中高年だからこそ、少し冒険するぐらいの明るい色を選んでみてはいかがでしょうか」。あるパーティでスピーチを披露したときのひとコマ。
[画像のクリックで拡大表示]

 若い人ならば、安っぽい服でも、地味な服でもいいと思います。服装に気を遣わなくても、若さと元気が内側からにじみ出てくるからです。でも、中高年になると、そうはいきません。いくら元気な人であっても、地味でくすんだ色の服ばかり着ていたら、やはり枯れた印象を与えてしまうのではないでしょうか。

 内面を若く保つには、外見も若々しくあるべし─。

 これが私の意見です。

 もちろん、同じ中高年でも女性はオシャレな人が多いのですが、残念ながら男性は服装に無頓着なことが多いように見受けられますね。うれしいことに、「草野さんはオシャレですね」とよく言われます(もちろん、お世辞もあるかとは思いますが)。

 私は人前に出ることを生業にしているのですから、人に与える印象を左右する服装には当然気を配っています。


鍛えた太もものせいでズボンが合わない!

 私がオシャレを意識しはじめたのは、長崎で過ごしていた高校時代のときでした。きっかけは、1950年代当時に流行したロカビリー音楽とそのファッション。今の若い世代にはピンと来ないかもしれませんが、それはそれはすさまじい熱気ぶりでした。

 高校生だった私は、エルビス・プレスリーに憧れて、髪型をリーゼントにすることに挑戦しました。今の私しか知らない人には、想像もつかないかもしれませんね。

 その結果どうだったか。

1/4 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.