日経グッデイ

草野仁の「苔(コケ)ない男」

健康長寿を保つ80代の「お腹」から分かったこと

善玉菌を増やす食生活を再認識!

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70歳を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回は、草野さんが心がけている食習慣についてご紹介します。

最低30回数えて「食べ過ぎ」を防ぐ

 前回(内臓脂肪を減らして「スーパーひとしくん」に!)は、今年の新しい運動習慣について述べましたが、食生活についてもちょっとした目標を2つ立てています。そのキーワードは「咀嚼(そしゃく)」と「腸内細菌」です。

「健康を保つ第一歩は、日々の食事に気をつけることだと思います。体にいいものを食べることはもちろんですが、よく咀嚼しながら時間をかけて食べることが、食べ過ぎを防いでくれるはずです」
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは、咀嚼について。よく噛んで食べることを改めて習慣にしたいと思っています。実は以前、意識的に50回噛んで食べていた時期があります。そのときは少し体重がオーバー気味たったこともありますが、よく噛むことを意識して食べるだけで、半年間に6、7kg体重を減らすことができました。

 日々、仕事に追われていると、どうしても早食いになって、よく噛まずに食べてしまいがちです。今年はゆっくり時間をかけて、最低30回は噛むように心がけています。

 人間の体というのは、胃が満腹になったとしても、脳が満腹だと感じるまでには20分ぐらいの時間差があるそうです。早食いになると、脳の「満腹中枢」から信号が出る前に、どんどん食事を口にしてしまうため、食べ過ぎになる。無意識に早食いになっている「食べ癖」を見直して、カロリーオーバーを防ぐことが目的です。

善玉菌を増やす食生活を意識する

 もう1つの目標は、「腸内細菌」を意識した食生活を心がけることです。

 すでにご存じの読者も多いかと思いますが、腸内細菌は小腸や大腸に住み着いている細菌のことで、昨年はテレビや雑誌で大いに話題になりました。ビフィズス菌や乳酸菌といった腸内環境を整える「善玉菌」をはじめ、ウェルシュ菌やブドウ球菌のような有害物質を作る「悪玉菌」があります。最近の研究によって、善玉菌の多さが健康長寿に深く関わっていることがわかってきたのです。

 私が司会をしている健康番組に出演してくださっている生物学者の辨野義己(べんの よしみ)先生は、長寿の秘密を探るために、奄美大島の百歳長寿が多い地域で調査を行いました。そこで80~90代の高齢者の大便を調べたところ、驚くことに善玉菌が一般成人の平均値の100~1000倍も検出されたのです。

 その大きな理由は、どうやら発酵食品にあることがわかりました。調査に協力してくれた高齢者たちは、奄美諸島や沖縄で作られる米の発酵飲料「ミキ」をよく飲んでいました。さらに、まだ熟していない青いバパイヤを漬け物にして食べる習慣もありました。いずれも乳酸菌がたっぷり含まれている発酵食品だったのです。

「こんな数字は見たことがない!」

米を発酵させて作る奄美の伝統飲料の「みき」。地元で愛飲され、夏場の滋養強壮にもよいとされる。
[画像のクリックで拡大表示]

 同じ調査を瀬戸内海西部に浮かぶ大分県の姫島でも行いました。こちらも健康長寿の人が多いことで知られている、人口5000人ほどの島ですが、地元名物の「納豆味噌」をはじめとして、やはり発酵食品をふんだんに食べられていることがわかったのです。加えて、この島ではヒジキやサツマイモを使った麺など、食物繊維が豊富な野菜や海藻をたくさん取っていることが明らかになりました。食物繊維には、便秘を防いで腸内環境を整える働きがあり、悪玉菌を排出する効果があることが知られています。

 海藻には「フコイダン」というネバネバ成分が多く含まれ、これが善玉菌を増やす大切な役割を果たしているとされています。特にガゴメ昆布という種類に豊富に含まれているそうです。発酵食品に含まれる善玉菌は、通常、そのほとんどが胃酸で死滅してしまうそうです。ですが、ネバネバ成分は、胃酸の影響をあまり受けないとされ、善玉菌を絡めながら腸まで届ける役割を高めてくれるそうです。

 奄美大島での調査結果と同様に、姫島の高齢者にも善玉菌がたくさんあることが分かったのです。ある80代の方の腸内細菌を調べたら、善玉菌の「ビフィズス菌」が、なんと20~40代の一般成人の10倍に当たる1000億個も含まれていたのです! 辨野先生も、「こんな数字は見たことがない!」と驚いていたほどです。

不調知らずの要因は「発酵食好き」のお陰!?

 このように、発酵食品は人類の偉大な発明だと私は思っています。元々は魚や野菜などを長期保存するために誕生したと考えられていますが、長年の時を隔てた現代でも、私たちの健康にとても役立つ食べ物になっているのです。

 じつは、私は昔から発酵食品を積極的に取るように心がけてきました。

 小さい頃から食べ続けてきた納豆のほかにも、カブの千枚漬けや白菜漬けなどの漬け物をはじめ、キュウリに味噌をつけた、いわゆるモロキュウも好物の一つです。

 ご存じのように、味噌もまた日本が誇る発酵食品です。また、優れた発酵食品として知られている「キムチ」も、辛みを抑えた大根のカクテキはよく食べています。そのほかにも、ヨーグルトも適量取るようにしています。最近は話題の濃厚なギリシャヨーグルトに、ハチミツを垂らして食べるのがお気に入りです。

「最新の健康情報は少し試して、自分に合うものだけをうまく活用する」

「私の父が満州帰りだったこともあってか、長崎生まれの私でも納豆は毎朝食べていたほどの食品でした。幼少のころ、週に1回だけ納豆に生卵がついたのですが、それが私にとって大変なご馳走に感じられました。小学校に入ったばかりの私は、「毎日、卵が食べられるといいね」と母に言ったのを覚えています。(©kazoka30-123RF)
[画像のクリックで拡大表示]

 しかしながら、健康を維持するための食事法で大切なのは、特定の食材に偏らないようにすることだと思っています。中には極端な食事法や健康法を提唱する方もいらっしゃいます。たしかに、人によって、あるいは短期的には劇的な効果があるかもしれませんが、万人にとってプラスとは限りません。長期間に渡って摂取した場合には、後々の安全性に確信が持てないものもあります。

 今の世の中は、過剰ともいえるほど健康情報が溢れています。そうした情報に振り回されることなく、「最新の健康情報は少し試して、自分に合うものをうまく活用する」というのが、私の基本的なスタンスです。

 体質は人によって違いますから、どういう方法が適しているかは、個々人で考えなくてはなりません。普段からいろいろな食材を取ることを心がけつつ、一つのやり方にとらわれ過ぎることなく、自分の体に合うと感じる健康術や食事法を続けるのがよいのだと思います。

 健康と食材、さらに腸との関係については、まだまだわからないことが多いのです。その前提に立てば、古来から伝わる発酵食品というのは、長期間食べ続けた際の安全性は保証されていると言ってもいいのではないでしょうか。

 「最近になって、人間の体の仕組みが科学的にも“少しずつ”分かってきた」

 こうした“一歩引いて見てみる”の意識を持つことが、健康情報と上手く付き合うためのコツだと私は思っています。

(まとめ:二村高史=ライター)

草野 仁(くさの ひとし)
キャスター
草野 仁(くさの ひとし) 1944年2月生まれ。1967年東京大学文学部社会学科卒業後、 NHK入社。鹿児島放送局、福岡局、大阪局を経て、東京アナウンス室へ。主にスポーツ・キャスターとして、五輪中継をはじめ、国内外のスポーツ実況中継を担当。また、「ニュースセンター9時」「ニュースワイド」のキャスターも務めた。1985年に独立しフリーに。以降、テレビやCMなどで活躍中。趣味・スポーツは、「映画鑑賞」「ゴルフ」「カラオケ」「競馬」「剣道(二段)」と多才。