日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 草野仁の「苔(コケ)ない男」  > 健康長寿を保つ80代の「お腹」から分かったこと
印刷

草野仁の「苔(コケ)ない男」

健康長寿を保つ80代の「お腹」から分かったこと

善玉菌を増やす食生活を再認識!

 草野 仁

クイズ番組や健康バラエティー番組の司会を中心に、今も第一線で活躍するキャスターの草野仁さん。70歳を迎えてますます輝きを増す秘密はどこに隠されているのだろうか。いつまでも“苔(コケ)ない男”であり続ける、草野流のスーパーエイジング術。今回は、草野さんが心がけている食習慣についてご紹介します。

最低30回数えて「食べ過ぎ」を防ぐ

 前回(内臓脂肪を減らして「スーパーひとしくん」に!)は、今年の新しい運動習慣について述べましたが、食生活についてもちょっとした目標を2つ立てています。そのキーワードは「咀嚼(そしゃく)」と「腸内細菌」です。

「健康を保つ第一歩は、日々の食事に気をつけることだと思います。体にいいものを食べることはもちろんですが、よく咀嚼しながら時間をかけて食べることが、食べ過ぎを防いでくれるはずです」
[画像のクリックで拡大表示]

 まずは、咀嚼について。よく噛んで食べることを改めて習慣にしたいと思っています。実は以前、意識的に50回噛んで食べていた時期があります。そのときは少し体重がオーバー気味たったこともありますが、よく噛むことを意識して食べるだけで、半年間に6、7kg体重を減らすことができました。

 日々、仕事に追われていると、どうしても早食いになって、よく噛まずに食べてしまいがちです。今年はゆっくり時間をかけて、最低30回は噛むように心がけています。

 人間の体というのは、胃が満腹になったとしても、脳が満腹だと感じるまでには20分ぐらいの時間差があるそうです。早食いになると、脳の「満腹中枢」から信号が出る前に、どんどん食事を口にしてしまうため、食べ過ぎになる。無意識に早食いになっている「食べ癖」を見直して、カロリーオーバーを防ぐことが目的です。

善玉菌を増やす食生活を意識する

 もう1つの目標は、「腸内細菌」を意識した食生活を心がけることです。

 すでにご存じの読者も多いかと思いますが、腸内細菌は小腸や大腸に住み着いている細菌のことで、昨年はテレビや雑誌で大いに話題になりました。ビフィズス菌や乳酸菌といった腸内環境を整える「善玉菌」をはじめ、ウェルシュ菌やブドウ球菌のような有害物質を作る「悪玉菌」があります。最近の研究によって、善玉菌の多さが健康長寿に深く関わっていることがわかってきたのです。

 私が司会をしている健康番組に出演してくださっている生物学者の辨野義己(べんの よしみ)先生は、長寿の秘密を探るために、奄美大島の百歳長寿が多い地域で調査を行いました。そこで80~90代の高齢者の大便を調べたところ、驚くことに善玉菌が一般成人の平均値の100~1000倍も検出されたのです。

 その大きな理由は、どうやら発酵食品にあることがわかりました。調査に協力してくれた高齢者たちは、奄美諸島や沖縄で作られる米の発酵飲料「ミキ」をよく飲んでいました。さらに、まだ熟していない青いバパイヤを漬け物にして食べる習慣もありました。いずれも乳酸菌がたっぷり含まれている発酵食品だったのです。

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.