日経グッデイ

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

社会が変わらないと自殺は予防できない

多くの精神疾患の患者はヘビースモーカーより寿命が短縮

 大西睦子

食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
今回は精神疾患が寿命におよぼす影響について、論文を解説します。

20~24歳の死亡原因の51.7%が自殺という日本の現状

日本は若年層の死因の第1位が自殺(©hikrcn/123RF.com)

 日本政府は、2014年版「自殺対策白書」を2014年6月に公表しました。これによると、2013年の自殺者数は、前年比575人減の2万7283人で、2年連続で3万人を下回りました。人口10万人当たりの自殺者数は、男性が30.3人、女性が13.0人、総数が21.4人です。

 自殺者数の減少は、50歳代の自殺率が減っていることが大きな要因です。一方、15~39歳の若い世代では、男女総数の死因のトップが自殺となっています。20~24歳では、自殺が死亡全体の51.7%を占めています。こうした状況は国際的に見ても深刻で、15~34歳の若い世代で、死因の第1位が自殺であるのは、先進7カ国のなかで日本のみです。日本の15~34歳の死亡率は、人口10万人当たり20人で、米国の11.3人を大きく上回っています。

■参考文献
内閣府「自殺対策白書

 米疾病予防管理センターの情報によると、米国における2010年の自殺者総数は、3万8364人。2000年以降増加傾向で、2010年で、10万人あたり12.1人でした。男女比では、男性の自殺率が女性の自殺率の4倍でした。自殺率だけを比べると、日本より低めですが、やはり大きな社会問題になっています。

女性と若者の自殺未遂

 米国では、男性が自殺で死亡する数は女性のケースの4倍ですが、自殺未遂となると、女性の数が男性の3倍になります。また、自殺死に対する自殺未遂の比率は若者の場合約1:25で、高齢者の場合の1:4と比較すると、自殺未遂率の高さが際立ちます。

 死亡率の男女比については、男性の場合、銃やその他の致死性の高い自殺手段を選ぶ傾向があり、薬物や毒物を使用するケースが多い女性の方が自殺未遂率が高まるという背景を示してもいますが、近年は、女性も銃を使用するケースが増加しています。なお子どもや若者の場合、首つりと飛び降りが多くなります。

自殺で亡くなった人の90%が精神疾患で苦しんでいた

 全米自殺防止財団(American Foundation for Suicide Prevention )によると、自殺で亡くなった人のうち、少なくとも90%は、精神疾患、とくにうつ病に苦しんでいました。うつ病の人が、絶望、不安、または激怒などの激しい感情の状態になると、自殺のリスクが高まります。衝動的に行動する人が、アルコールやドラッグを使用することも、自殺のリスクを高めます。

 うつ病は複雑な病気で、原因はわかりません。幼児からお年寄りまで、すべての年齢層で発症します。遺伝的要因の関与も示唆されています。突然、予期せずにうつ病が発症する人もいますが、人生におけるポジティブ、あるいはネガティブな大きな変化に伴うこともあります。さらに、深刻な身体的な病気の発症後、特定の治療薬の使用、アルコール、ドラックなど、さまざまな要因がうつ病の原因となります。

精神疾患の治療を妨げる一番の問題は

 これまでの研究では、精神疾患にかかる人のうち半数は14歳までに、そして4分の3が24歳までに発症すると言われています。ところが気分障害患者の場合、発症後、治療を受けるなどの助けを得るまでに、平均で6~8年が経過しています。不安障害患者の場合は、平均9~23年が経過しています。

 高血圧、糖尿病やがんなどの病気と同じように、精神疾患にも、早期発見、早期治療が重要です。ところが、それを妨げる障壁があります。

 その最大の障壁が「偏見」だと、これまでの研究で示されています。

 偏見は、否定的な誤った信念、または固定観念から生じます。多くの精神疾患で苦しむ人は、自分の病を打ち明けることで、世間の批判的な視線を浴びること、そして友達や名声を失うことを恐れ、なかなか打ち明けることができないといいます。

 うつ病は個人の弱点であるという偏見や誤解があります。こうした偏見があると、精神疾患を患う人の多くが、自分一人で苦しんでしまっても不思議ではありません。そして苦しみを自分の中に閉じ込め、沈黙することにより、さらに孤独や羞恥心が高まり、治療から遠ざかることになります。

■参考文献
CDC「ATTITUDE TOWARD MENTAL ILLNESS

精神疾患は平均寿命を大幅に縮めてしまう

 英国オックスフォード大学の研究者らは、雑誌「World Psychiatry」に、精神疾患が、喫煙のように寿命を縮めることを報告しました。

 研究者らは、これまでの臨床研究の中から優位性の高い20本の論文(25万人の死亡者を含む、170万人以上の情報)の結果をまとめ、さらに分析しました。そして、さまざまな精神疾患における平均寿命や自殺による死亡のリスクを、ヘビースモーカーのデータと比較しました。結果は以下の通りです。

平均寿命の平均的な減少リスク
■双極性障害(※古い呼び名では「躁うつ病」)9~20年
■統合失調症(※古い呼び名では「精神分裂病」)10~20年
■薬物とアルコールの乱用9~24年
■反復性うつ病性障害7~11年
■ヘビースモーカー8~10年

 多くの精神疾患は、平均寿命より大きく寿命が短縮していることが分かります。1日20本以上のタバコを喫煙するヘビースモーカーと同等、あるいはそれ以上の短縮リスクがあるのです。

 オックスフォード大学の精神科のシーナ ファイゼル博士は、「こうした結果が出た理由には多くの可能性があります。ただ寿命が短縮するリスクの高い行動は、精神病患者では一般的で、とくに、薬物とアルコールの乱用は、自殺による死亡のリスクを高めます」とコメントしています。

アルコールが自殺に与える影響

 全米自殺防止財団は、アルコールの危険性を警告しています。アルコールは、落ち込んでいるときに、一時的に良い気分になって、悩みを忘れるのに役立つように思いがちですが、その効果は短く、逆に、長期的にはうつ病を悪化させます。場合によってはアルコールにより気分がいら立ち、家族や友人との仲を悪化させかねません。

 また睡眠不足、集中力低下を引き起こします。アルコールによって大人は、罪悪感を感じたり、あるいは自尊心を欠くようになり、十代の若者たちは未成年飲酒で捕まらないように嘘をつき、親から距離をおき始めるようになると言います。

 こうした理由から、アルコールが全自殺者数の少なくとも25~30%の要因であると推定されています。

アルコールや喫煙などへの依存と精神疾患は互いに作用し合ってしまう

 また、精神疾患の人は、喫煙率が高まります。米国の44.3%のタバコは、精神疾患または薬物の乱用者が消費していることが報告されています。これは精神疾患に悩む人が、その他の人に比べて、喫煙の可能性が約2倍も高くなることを意味します。

■参考文献
The Journal of the American Medical Association「Smoking and Mental Illness

 アルコールやタバコの依存性が精神疾患をきたすのか、精神疾患によって、アルコールやタバコの依存性となるのかは、ただ一方的な作用だけではなく、互いに作用し合っているものと考えられています。

 個々の自殺の理由を知ることは、複雑で困難でありますが、これまでの研究から分かっていることは、自殺による死亡者の90%は、死の時点で、治療可能な精神疾患を患っていたということです。そして、多くの場合が認識されず、未治療でした。これまでの研究や経験から、自殺の予防は、まず、沈黙の苦しみを解放し、心の病を打ち明けられる社会作りだと思います。

大西睦子(おおにし・むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし・むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2014年6月6日付け記事からの転載です。