日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 社会が変わらないと自殺は予防できない  > 2ページ
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

社会が変わらないと自殺は予防できない

多くの精神疾患の患者はヘビースモーカーより寿命が短縮

 大西睦子

精神疾患の治療を妨げる一番の問題は

 これまでの研究では、精神疾患にかかる人のうち半数は14歳までに、そして4分の3が24歳までに発症すると言われています。ところが気分障害患者の場合、発症後、治療を受けるなどの助けを得るまでに、平均で6~8年が経過しています。不安障害患者の場合は、平均9~23年が経過しています。

 高血圧、糖尿病やがんなどの病気と同じように、精神疾患にも、早期発見、早期治療が重要です。ところが、それを妨げる障壁があります。

 その最大の障壁が「偏見」だと、これまでの研究で示されています。

 偏見は、否定的な誤った信念、または固定観念から生じます。多くの精神疾患で苦しむ人は、自分の病を打ち明けることで、世間の批判的な視線を浴びること、そして友達や名声を失うことを恐れ、なかなか打ち明けることができないといいます。

 うつ病は個人の弱点であるという偏見や誤解があります。こうした偏見があると、精神疾患を患う人の多くが、自分一人で苦しんでしまっても不思議ではありません。そして苦しみを自分の中に閉じ込め、沈黙することにより、さらに孤独や羞恥心が高まり、治療から遠ざかることになります。

■参考文献
CDC「ATTITUDE TOWARD MENTAL ILLNESS

精神疾患は平均寿命を大幅に縮めてしまう

 英国オックスフォード大学の研究者らは、雑誌「World Psychiatry」に、精神疾患が、喫煙のように寿命を縮めることを報告しました。

 研究者らは、これまでの臨床研究の中から優位性の高い20本の論文(25万人の死亡者を含む、170万人以上の情報)の結果をまとめ、さらに分析しました。そして、さまざまな精神疾患における平均寿命や自殺による死亡のリスクを、ヘビースモーカーのデータと比較しました。結果は以下の通りです。

平均寿命の平均的な減少リスク
■双極性障害(※古い呼び名では「躁うつ病」)9~20年
■統合失調症(※古い呼び名では「精神分裂病」)10~20年
■薬物とアルコールの乱用9~24年
■反復性うつ病性障害7~11年
■ヘビースモーカー8~10年

 多くの精神疾患は、平均寿命より大きく寿命が短縮していることが分かります。1日20本以上のタバコを喫煙するヘビースモーカーと同等、あるいはそれ以上の短縮リスクがあるのです。

 オックスフォード大学の精神科のシーナ ファイゼル博士は、「こうした結果が出た理由には多くの可能性があります。ただ寿命が短縮するリスクの高い行動は、精神病患者では一般的で、とくに、薬物とアルコールの乱用は、自殺による死亡のリスクを高めます」とコメントしています。

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.