日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > スポーツ・エクササイズ  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 長生きのための運動って、どれくらいすればいい?
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

長生きのための運動って、どれくらいすればいい?

激し過ぎるジョギングを行うと死亡率が上がる!?

 大西睦子

食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
健康志向の高まりで、朝や夜にランニングをする人や、スポーツジムで汗を流す人も多い昨今。ところで“適度な運動”とはどのくらいなのでしょうか?

健康にいいはずのジョギングで死亡事故が発生したわけは?(©warrengoldswain/ 123RF)

 「運動は健康に良い」ことは分かっていますよね。でも、運動をどのくらいすれば、身体に良いといえるのでしょうか?

 2015年2月10日、米国心臓病学会誌(Journal of the American College of Cardiology:JACC)で報告された、デンマークのコペンハーゲンの研究者らによる「『軽い、適度』なジョギングが、座りがちの生活や『過度』なジョギングよりも、長生きにつながる」という研究を、今回は紹介します。

 まず研究者らは「身体的にアクティブな人は、そうでない人に比べて、死亡のリスクが30%低い」という以前の報告に対して、理想的な運動量、特に上限について疑問を投げかけました。背景には、ジョギング中の死亡例が報告されてきたことがあります。

 1969年にデンマークで開催されたエルミタージュ·レース(the Eremitage Race:7.6マイル=12.2kmのランニング)では、46歳の海軍士官がレース中に心筋梗塞で死亡し、これを機に一般人が同様の激しいレースで走るということに対する危険性が懸念されるようになりました。さらに1970年代には、欧米でジョギングの人気が上がる中で、ジョギング中の死亡例が報告されるようになったのです。

 そこで死亡率とジョギングの量について、U字型の関連が存在するかどうかを研究者らは調査しました。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Dose of jogging and long-term mortality: the copenhagen city heart study.

 研究の参加者は、コペンハーゲン市心臓研究(The Copenhagen City Heart Study)の協力者です。このうち1098人は健康なジョギング愛好家。3950人は健康だけれどジョギングをする習慣はなく座ったまま過ごす時間が長い生活を送る人たちです。

 2001年から12年間の経過観察中、ジョギング愛好家のうちの28人、座りがちな参加者の128人が死亡しています。

 この研究ではジョギングの強度(ペース、回数、時間)によって、以下のようなグループに分けて検証されています。

ジョギングの回数とジョギングのペース
      ゆっくり 平均的 速い
ジョギング時間 週2.5時間未満 週2.5~4時間 週4時間以上 週2.5時間未満 週2.5~4時間 週4時間以上 週2.5時間未満 週2.5~4時間 週4時間以上
週3回以下 A B B A B B B B C
週3回より多い B B B B B B B C C
ペース、回数、時間により、「軽い」「適度」「過度」なジョギング派に分類。A:軽いジョギング派、B:適度なジョギング派、C:過度なジョギング派とする。ただしジョギングのペース(ゆっくり、平均的、速い)は、参加者の自覚による

1/3 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

  • 寝ても取れない疲れを取るには?

    「疲労大国」といわれる日本。「頑張って仕事をすれば、ある程度疲れるのは当たり前」「休む間もないほど忙しいが、やりがいがあるから、さほど疲れは感じない」などと思っている人も多いかもしれない。だが、睡眠時間を削るような働き方を続けていると、知らぬうちに疲れはたまる。結果、「寝てもなかなか疲れがとれない」という状態に陥るばかりか、免疫力の低下や、生活習慣病の発症につながることは多くの研究で知られている。疲労の正体から、疲労回復の実践的な方法までをまとめた。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.