日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > スポーツ・エクササイズ  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 長生きのための運動って、どれくらいすればいい?  > 3ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

長生きのための運動って、どれくらいすればいい?

激し過ぎるジョギングを行うと死亡率が上がる!?

 大西睦子

週150分の身体活動、米国では成人の約3分の1、東アジアでは成人は約5分の1

 運動と病気による関係性でもう1つ注目されるのが、2011年に台湾のウェン博士らが「ランセット(THE LANCET)」に発表した、「最低限の運動を行うことで、心臓病、糖尿病、そしてがんによる死亡率が低下する」という報告です。

 博士らは健康な成人約41万6000人を対象に、平均8年間の疫学調査を行い、運動と寿命や病気の関係を調べました。

 一般的に欧米諸国の人に比べると、東アジアの人は運動の強度が低く、身体活動が少ないと言われています。

 米国の「米国人のための身体活動ガイドライン(2008)」(2008 physical activity guidelines for Americans)や、WHOの「健康のための身体活動に関する国際勧告(2010)」(Global Recommendations on PhysicalActivity for Health)などのガイドラインでは、1日30分×週5日=週150分の余暇時間の身体活動が健康に良いとされています。

 米国の成人の約3分の1は週150分の運動をしているものの、日本や中国、台湾など東アジア諸国だと成人の5分の1以下の人しか、週150分の運動はできていないといいます。

 では、週150分以下の軽い運動が、本当に寿命や病気に好影響を与えるのでしょうか? 博士らは運動程度を、非常に高い、高い、中等度、低いというレベルに分けて見ています。

軽い運動でも平均寿命が3年も長くなる!?

 研究によれば、「全死因による総死亡率」は、運動レベルが低いグループでも運動をしないグループに比べれば14%死亡率が低下しています。

 また中等度、高い、非常に高いと運動の程度が高まるにつれて、死亡率は右肩下がりになっており、運動量に応じて全死因による死亡率が低下すると報告しています。また「あらゆるがんによる死亡率」、「心疾患による死亡率」、「糖尿病による死亡率」のすべてにおいて、運動量に応じて死亡率が低下するとも報告しています。

 こうした結果は男女ともに全年齢で、心血管疾患があったり、リスクのあるライフスタイルの場合でも、あてはまりました。ちなみに、博士らによると運動レベルの低いグループは運動をしないグループに比べて、平均寿命が3年も長くなるともしています。

 そしてまず1日15分、1週間に90分の運動を始めることを薦めています。

 コペンハーゲンの研究者らは、ジョギングと死亡率のU字型の関係を示していますが、台湾の研究者らは運動と死亡率は反比例するとしています。

 もちろん台湾の研究はジョギングではないので、単純な比較はできません。また、WHOのガイドラインも基準が異なります。最適な運動の量や時間を決めるためには、さらなるデータや研究が必要だと思います。

 ただ確実なのは、無理のない運動は健康のために必須ということですね。

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2015年2月20日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

RELATED ARTICLES関連する記事

スポーツ・エクササイズカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策NEW

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

  • 「ウォーキング」「ジョギング」 大きな健康効果を得るための小さなコツ

    ウォーキングやジョギングなどの「有酸素運動」には、「コロナ太り」の解消や、生活習慣病の予防、免疫力アップなどが期待できる。ただし、漫然と歩くだけでは運動効果は低いし、かといって本格的なジョギングは運動初心者にはハードルが高い。そこで運動効果の上がる歩き方と、初心者でもできる走り方のコツを紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.