日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > やっぱり危ない!? 粉末状カフェインの使用  > 4ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

やっぱり危ない!? 粉末状カフェインの使用

米国で2014年に死亡事故が発生

 大西睦子

薬物乱用衛生管理局が粉末状カフェインでの緊急搬送を把握していない

 米国政府によると、エナジードリンクに関連する合併症で、年約2万1000人が、緊急治療室を受診したことが報告されています。ところが、薬物乱用衛生管理局(Substance Abuse and Mental Health Services Administration:SAMHSA)は、どれだけの人が、粉末状カフェインが原因で緊急治療室を受診したかを把握していません。

■参考文献
Substance Abuse and Mental Health Services Administration(SAMHSA)「Update on Emergency Department Visits Involving Energy Drinks: A Continuing Public Health Concern

 今後FDAは、粉末状カフェインの安全性など調査を進める予定です。その結果次第で、粉末状カフェインの販売規制や禁止する可能性はあります。

魔法のサプリメントはない

 さて今日、マルチビタミンやコラーゲンなど、サプリメントは日本人にとっても決して特別なものではありません。若者はもちろん、健康を気にする中高年や、関節痛等に悩む高齢者にも使用が広がっているようです。薬よりも気軽に手を伸ばせる健康食品という位置づけのせいかもしれません。

 そんな中、アベノミクスの成長戦略の一環として、政府は、米国のように、サプリメントのラベル表示の規制を緩和する方針を打ち出しました。これにより今後、サプリメントの市場は拡大するでしょう。

 しかし忘れてはならないことは、健康増進・維持には、適度な運動とバランスのいい食事、睡眠が必要だという基本です。これらに置き換わる、魔法のサプリメントはないのです。サプリメントを活用してメリットを得たい場合は、個別に専門家の意見を求め、慎重に慎重を重ねてその必要性を検討すべきでしょう。

 議論されている規制緩和が、単なる市場拡大だけでなく、サプリメントの正しい知識と利用、ひいては国民の健康につながることを期待します。

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2015年2月6日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.