日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > からだケア  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > やっぱり危ない!? 粉末状カフェインの使用  > 3ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

やっぱり危ない!? 粉末状カフェインの使用

米国で2014年に死亡事故が発生

 大西睦子

粉末状カフェインはサプリメント

 現在、粉末状カフェインは、米国ではサプリメントとして、オンラインショップや店舗で販売されており、購入に際し年齢を問われたりもしていません。FDAは、食品や医療品に含まれるカフェインについては、規制を設け安全性を管理していますが、サプリメントである粉末状カフェインは、FDAの承認がなくても販売できます。つまり粉末カフェインは、FDAが規制するインスタントコーヒーより、販売経路に制約がないといえます。

 そもそも米国においてサプリメントは薬とも食品とも位置付けられていませんが、どちらかと言えば食品寄りで、販売前にFDAの承認を必要としません。つまり科学的根拠に基づく安全性や有効性をFDAに証明しなくても販売できます。しかも、含まれる成分が副作用を引き起こすことが知られていても、製造業者は副作用について消費者に通知しなくても罪に問われたりしません。

FDAの承認が必要なくても大丈夫?

 とはいえサプリメントのラベル表示の内容が正確かつ真実であること、安全であることを保障するのは、製造業者や販売代理店の責任です。「この製品は栄養不足を助け、健康をサポートします」または「健康上の問題のリスクを低減します」という文言も、効果が本当であれば表示できます。

 ただし同時に「この製品はFDAの評価を受けていません。またこの製品は疾病の診断、治療、治癒、予防を目的としたものではありません」とも表示しなくてはなりません。また「特定の疾患または状態の治療、予防または治癒」などの表示は、未承認薬に関しては違法な表示と判断されます。

 もちろん実際に問題が起こり、安全ではないとFDAが判断すれば、FDAは業者に警告するか、市場から製品を排除することもできます。

過去にはダイエット・筋肉増強サプリメントが販売禁止に

 例えば2004年にFDAは、Asia MedLabs社の「VITERA-XT」というダイエット・筋肉増強用サプリメントの販売を禁止しました。調査により、ラベルに表示されていた「伝統的なアジアのハーブ製剤」の一つとして天然植物由来で漢方薬(麻黄など)の主成分であるエフェドリンが含まれていると判明。覚醒や代謝促進の効果がある反面、血圧が上がって循環器に負担がかかり、高血圧や脳卒中、心筋梗塞を引き起こし、死に至る危険性があると認めたのです。

 実際、エフェドリンに関連してすでに155人が死亡、健康被害の訴え(副作用報告)も1万6000件以上に上るなど、社会問題となっていたため、販売禁止の措置が取られたのです。

■参考文献
U.S. Food and Drug Administration「FDA Acts to Remove Ephedra-Containing Dietary Supplements From Market
LAWYERS.COM「Ephedra Lawsuits

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイントNEW

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

  • 早期発見、早期治療で治す「大腸がん」 適切な検査の受け方は?

    日本人のがんの中で、いまや罹患率1位となっている「大腸がん」。年間5万人以上が亡くなり、死亡率も肺がんに次いで高い。だがこのがんは、早期発見すれば治りやすいという特徴も持つ。本記事では、大腸がんの特徴や、早期発見のための検査の受け方、かかるリスクを下げる日常生活の心得などをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.