日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 母乳と粉ミルク、赤ちゃんにはどちらがいいの?
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

母乳と粉ミルク、赤ちゃんにはどちらがいいの?

“どちらがベスト”という安易な結論付けはしない方がいい

 大西睦子

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 日本では偽物がインターネットで販売されるなど、「母乳」に関するニュースが飛び交い、母乳についての議論が活発ですが、米国でも「母乳神話」とも呼べる説が唱えられ、賛否両論が巻き起こっています。

WHOも米国小児科学会も厚生労働省も勧める母乳だが

WHOや米国小児科学会、厚生労働省は、母乳で赤ちゃんを育てることを推奨している。(©Dmitry Lobanov -123rf)

 WHO(世界保健機関)や米国小児科学会は、母乳栄養が、母子ともに体と心に良い影響を与えるとして、生後6カ月までは、赤ちゃんを母乳で育てることを推奨しています。厚生労働省もまた、できるだけ母乳で赤ちゃんを育てることを推奨しています。


■参考文献
WHO「Breastfeeding
the American Academy of Pediatrics「Breastfeeding and the Use of Human Milk
厚生労働省「乳幼児突然死症候群(SIDS)について

 これに疑問を投げかけたのが、ハーバード大学公衆衛生大学院のフィリップ・グランジャン(Philippe Grandjean)教授らです。WHOは環境中の化学物質による母乳の汚染を考慮していないというのが、教授らの主張です。

1/5 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 宴会で「尿酸値・血糖値・中性脂肪」を上げない賢い飲み方

    年末年始や年度の変わり目など、宴会が増える季節に、楽しくお酒を飲みながらふと頭をよぎるのが、「体重の増加」と「気になる検査値への影響」ではないだろうか。暴飲暴食が続くとさまざまな検査値に影響が及ぶ。今回は、働き盛りの世代に身近な「尿酸値」「血糖値」「中性脂肪」を上げないための、宴会での上手な飲み方・食べ方のコツをまとめた。

  • 青魚のDHAやEPAで、血管を若返らせて、メタボも抑制!

    サバ、イワシなどの「青魚」の健康効果が注目されている。青魚にたっぷり含まれるDHAやEPAは、血管を若返らせ、メタボを抑制したり、認知症のリスクを下げる効果も期待できる。手軽に食べられる「サバ缶」や「イワシ缶」も人気で、カルシウムもしっかりとれるため、骨粗鬆症の予防にもなる。

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.