日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > バター不足で考えた! どの脂質が身体に良い?  > 2ページ目

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

バター不足で考えた! どの脂質が身体に良い?

50年以上続く米国の「脂質闘争」を振り返る

 大西睦子

脂質闘争、勃発! 米国で脂質が健康の敵となった日

 では、脂質闘争とはなんでしょうか?

 食事をおいしく食べやすくするため、大昔から多くの人に愛されてきた脂質が、米国人の健康の敵となったのは、1961年1月13日と推測されます。この日、米ミネソタ大学のアンセル・キーズ(Ancel Keys)博士が、雑誌「タイム(TIME)」の表紙を飾り、大きな話題となったのです。

 キーズ博士は第二次世界大戦後から、食生活と健康、特に心疾患との関係に着目するようになりました。当時、心疾患は米国人の主要な死因でしたが、その原因が究明されていなかったのです。

 そこでキーズ博士は、日本を含む7カ国の国民のライフスタイルと心疾患のリスクの調査(Seven Countries Study)を行い、その結果、冠状動脈性心疾患の罹患率や死亡率は、各国間で十倍も違うことがあることを示しました

 1950年代に始まったこの研究は、今日でも続いています。

■参考文献
Ancel Keys「The Seven Countries Study

 さらにキーズ博士は、飽和脂肪酸の摂取量と、地域ごとの心疾患の発症率との関連性を見いだしました。一方で、総脂肪摂取量と心疾患の発症率には関連性がないことも分かりました。例えば、心疾患の発症率が最も低いクレタ島の総脂肪摂取量は、当時心疾患発症率が最も高かったフィンランドと同じだったのです。このことから、キーズ博士は、飽和脂肪酸を多く摂取する国で、心疾患に苦しむ人が多いと結論づけました。

 キーズ博士の初期の報告では、因果関係まで証明できず、さらなる研究の必要性が示唆されました。実際、その後多くの研究によって、総脂肪摂取量は心疾患には影響しないことが証明されたのです。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.