日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > ダイエット飲料入りカクテルってアブナイ!?  > 2ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

ダイエット飲料入りカクテルってアブナイ!?

アルコールの吸収が速いと悪酔いの原因にも

 大西睦子

濃い砂糖水ほど、胃が空になるまでに時間がかかる

 実は、胃の内容物の排出速度は、熱量によっても調節されています。

 ジョンズ・ホプキンス大学医学部の研究者らは、生理食塩水(0.9%の食塩水)と、3つの濃度の異なる砂糖水(0.05g/ml、0.125g/ml、0.25g/ml)のブドウ糖が、それぞれどのように胃から排出されるのかを調べました。

 生理食塩水の場合、急速に胃が空になりましたが、砂糖水はどの濃度の場合も、胃を満たしたあと、ブドウ糖の排出速度がゆっくりになり、1分間にブドウ糖2.13kcal分の砂糖水が、十二指腸に送り出されることが分かりました。つまり、砂糖の濃度が高いほど、胃が空になるまでに時間がかかることになります。 

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Regulation of the gastric emptying of glucose.

糖入りウォッカカクテルとダイエットウォッカカクテルで比べてみると

 それでは、ブドウ糖の代わりに、人工甘味料を加えた場合はどうなるのでしょうか?

 オーストラリアのロイヤルアデレード病院の研究者が、人工甘味料を使用した飲料とアルコールを混ぜたカクテルは、速く胃を通過し、血中エタノール濃度を高くすると報告しています。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Artificially sweetened versus regular mixers increase gastric emptying and alcohol absorption.

 研究者らは、平均年齢24.9歳の健康な男性8人(BMI 23.4)の対象者を、

  • 糖入りウォッカカクテル:オレンジ風味の糖入り飲料+ウォッカのカクテル(600mL中にエタノール30g、炭水化物65gを含む。478kcal)
  • ダイエットウォッカカクテル:オレンジ風味の人工甘味料(アスパルテームとアセスルファムカリウム)入りの、ダイエット飲料+ウォッカのカクテル(600mL中にエタノール30g、炭水化物2.6gを含む。225kcal)

の2種類をランダムな順番で、摂取するように振り分けました。そしてそれぞれのカクテルを摂取した対象者について、胃からアルコールが排出される能力(速度)を調べました。

 超音波検査で胃の中の50%の排出能力を測定すると、ダイエットウォッカカクテルが平均21.1分、糖入りウォッカカクテルは36.3分かかりました。

 また飲酒180分後まで、ダイエットウォッカカクテルのほうが糖入りウォッカカクテルよりアルコールの血中濃度が高くなりました。さらに、ピーク血中アルコール濃度も、糖入りウォッカカクテルよりもダイエットウォッカカクテルのほうが高くなりました。

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.