日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > ダイエット・食生活  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > ダイエット飲料入りカクテルってアブナイ!?  > 2ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

ダイエット飲料入りカクテルってアブナイ!?

アルコールの吸収が速いと悪酔いの原因にも

 大西睦子

濃い砂糖水ほど、胃が空になるまでに時間がかかる

 実は、胃の内容物の排出速度は、熱量によっても調節されています。

 ジョンズ・ホプキンス大学医学部の研究者らは、生理食塩水(0.9%の食塩水)と、3つの濃度の異なる砂糖水(0.05g/ml、0.125g/ml、0.25g/ml)のブドウ糖が、それぞれどのように胃から排出されるのかを調べました。

 生理食塩水の場合、急速に胃が空になりましたが、砂糖水はどの濃度の場合も、胃を満たしたあと、ブドウ糖の排出速度がゆっくりになり、1分間にブドウ糖2.13kcal分の砂糖水が、十二指腸に送り出されることが分かりました。つまり、砂糖の濃度が高いほど、胃が空になるまでに時間がかかることになります。 

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Regulation of the gastric emptying of glucose.

糖入りウォッカカクテルとダイエットウォッカカクテルで比べてみると

 それでは、ブドウ糖の代わりに、人工甘味料を加えた場合はどうなるのでしょうか?

 オーストラリアのロイヤルアデレード病院の研究者が、人工甘味料を使用した飲料とアルコールを混ぜたカクテルは、速く胃を通過し、血中エタノール濃度を高くすると報告しています。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Artificially sweetened versus regular mixers increase gastric emptying and alcohol absorption.

 研究者らは、平均年齢24.9歳の健康な男性8人(BMI 23.4)の対象者を、

  • 糖入りウォッカカクテル:オレンジ風味の糖入り飲料+ウォッカのカクテル(600mL中にエタノール30g、炭水化物65gを含む。478kcal)
  • ダイエットウォッカカクテル:オレンジ風味の人工甘味料(アスパルテームとアセスルファムカリウム)入りの、ダイエット飲料+ウォッカのカクテル(600mL中にエタノール30g、炭水化物2.6gを含む。225kcal)

の2種類をランダムな順番で、摂取するように振り分けました。そしてそれぞれのカクテルを摂取した対象者について、胃からアルコールが排出される能力(速度)を調べました。

 超音波検査で胃の中の50%の排出能力を測定すると、ダイエットウォッカカクテルが平均21.1分、糖入りウォッカカクテルは36.3分かかりました。

 また飲酒180分後まで、ダイエットウォッカカクテルのほうが糖入りウォッカカクテルよりアルコールの血中濃度が高くなりました。さらに、ピーク血中アルコール濃度も、糖入りウォッカカクテルよりもダイエットウォッカカクテルのほうが高くなりました。

日経グッデイ初割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 始めよう筋トレ 最低限やりたいエクササイズと食生活のポイント

    筋トレはできるだけ若いうちに始めることに大きなメリットがあるといわれる。それはなぜなのか。また、どんな筋肉をどのように鍛えるのが効果的なのか。高齢になってもしっかりした足腰でいるために今のうちから最低限やっておきたい筋肉エクササイズ、食生活の注意点などを知り、今年こそ「筋トレ習慣」を身に付けよう。

  • 第3波を乗り切るためのコロナ対策

    新型コロナウイルスの新規感染者が再び急増し、日本は今、流行の第3波を迎えている。今後さらに気温と湿度が下がると、ウイルスの生存により適した条件が整うようになる。これ以上の流行拡大を防ぐためには、1人1人が感染予防策を改めて見直し、感染リスクの高い行動を避けて生活することが不可欠だ。第3波を乗り切るためのコロナ対策を、もう一度まとめた。

  • 寝たきり予備軍「フレイル」を防ぐためにできること

    老化を防ぎ、健康寿命を延ばすためには、加齢により心身が衰えた状態である「フレイル」の予防が必要になる。フレイルは、健康な状態と要介護状態の中間に当たるが、これを避けるために特に重要なのが「筋肉量の維持」だ。筋肉量が減少すると、足腰が弱くなって寝たきりにつながるだけでなく、認知症や心疾患のリスクが上がることも分かってきた。筋肉量を維持し、フレイルを防ぐために何をすればよいだろうか。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.