日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > ジャンクフードの食べ過ぎで脳が萎縮する!?  > 2ページ目

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

ジャンクフードの食べ過ぎで脳が萎縮する!?

海馬の発育に影響を与えるのは教育、収入でなく、食事パターンの差だった

 大西睦子

 具体的にはどのように、食事が私たちの脳へ、影響をおよぼすのでしょうか?

 ジャッカ教授らが注目したのは脳にある「海馬」です。海馬は学習や記憶、抑うつなど気分の調節に関与しています。また成人でも「ニューロン(神経)新生」と呼ばれるくらい、新しい神経細胞をつくるまれな脳の領域です。

 これまでの研究では、運動やカロリー制限などは成人の海馬のニューロン新生を増加させ、酸化ストレスや老化はニューロン新生を減少させること。また、海馬の体積はうつ病の成人だと減少し、抗うつ薬はニューロン新生と海馬の体積を増加させると報告されてきました。

 また、食事と精神や認知機能の関係についても多くの動物実験が行われ、その中で海馬が重要な役割を果たすことが証明されてきましたが、人間に関しては研究結果が示されてきませんでした。そこでジャッカ教授らは、人間を対象に、食事のパターンが海馬に与える影響を調査。2015年9月号の医学雑誌「BMC Medicine」に報告しました。

教育レベルや収入レベルの差ではなく、食事パターンの差が海馬に影響を与える

 調査は「Personality and Total Health(PATH)Through Life project」と呼ばれるオーストラリアの疫学調査に参加する、60~64歳(2001年時点)の255人を対象に行われました。

 ジャッカ教授は「調査対象者は一般的なオーストラリア人より高等教育を受けている必要も、高収入である必要もありません。社会的弱者であったとしても食事パターンと海馬の体積には、強力な関係が示される可能性があるからです。教育レベルの差異に関係なく、体や心の健康の問題やストレスは、食事と同様に海馬の体積に影響を与える要因であるためです」

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.