日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ  > 熱中症は、お盆後こそ油断ならない!
印刷

医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ

熱中症は、お盆後こそ油断ならない!

米国では、1999年から2009年までに7800人以上が猛暑で死亡!?

 大西睦子

 食、医療など健康にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、米ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 二十四節気の立秋が過ぎても、暑い日が続く日本の夏。地球温暖化の影響か、最近では9月に入っても東京など関東地方で30℃を超える真夏日になることも珍しくありません。「暦の上では秋だから」などと油断していると、思わぬ時期に熱中症になってしまう可能性も。今回は「お盆以降に気を付けたい熱中症対策」を解説します。

平均気温の高い年、トップ10の9つが2000年代

立秋を過ぎても、暑さが続いています。お盆を過ぎれば暑さも少しは落ち着くかと油断していると、思わぬ時期に熱中症になってしまう可能性があります。(c)Olaf Speier -123rf

 米航空宇宙局(NASA)が2016年5月に「2016年は(世界的に)史上最も暑い年」になるという可能性を示し、日本でも話題になりました。最高気温も毎年のように更新され、いったいどこまで暑くなるのかと心配になってきます。

 日本では熱中症の発症数が急増する7月は熱中症予防強化月間になっていますが、この夏も、猛暑による熱中症が問題になっています。

■参考文献
政府広報オンライン「熱中症は予防が大事!

 実際、地球の温暖化により、世界の気候が大きく変動しています。気象庁は「私たちの社会は、それぞれの地域の気候を背景にかたちづくられている。その気候が、私たちが経験したことのないものに変わりつつある」と警告しています。

■参考文献
気象庁「地球温暖化問題とは

 地球の温暖化は海、大気、地上に多くの変化をもたらします。海水は膨張し、海面の水位が世界的に上昇しています。NASAによると、衛星による記録が1979年に始まって以来、地球の氷の面積は着実に減少し続けているといいます。

 例えば1979年から2015年までの観察期間、北極域の海氷域面積は減少しています。また、19~20世紀の100年間で、世界平均海面水位は約17cm上昇しました。さらにこの10年間で上昇する速度は、20世紀にくらべて倍増しています。グリーンランドの氷床の一部融解が問題になっていますが、このまま温暖化が続き、グリーンランドの氷床が完全に融解すると、海面は現在より6メートル上昇すると予測されています。当然その分、地上の面積は減ります。

■参考文献
NASA「Climate change: How do we know?

 過去134年の記録中、平均気温の高い年トップ10は、1998年を除いてすべて2000年以降に集中しています。そして記録上、最も平均気温の高い年は2015年だったといい、2016年はさらにそれを上回りそうでもあります。NASAの情報によると、2016年1月から6月のそれぞれの月は1880年以降、世界的に最も温かい月という記録をすでに樹立しています。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

  • 認知症のリスクを下げる食事のポイントは?

    近年の研究から、認知症リスクは生活習慣によって大きく変わることが分かってきた。中でも重要なのが食生活だ。米国の最新食事法をきちんと実践した人は、認知症の発症リスクが最大53%低かったという驚きの結果も出ている。では、具体的にどのような食生活にすればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、最新研究に基づいた「認知症を遠ざける食事」のポイントを紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

人生100年時代プロジェクト 日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.