日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 水の一気飲みに注意! 1日にどれぐらい、どう飲めばいい?  > 2ページ
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

水の一気飲みに注意! 1日にどれぐらい、どう飲めばいい?

運動中の飲み過ぎでも水分不足でも死亡事例が…

 大西睦子

1日、どれだけの水を飲めばいい?

 この質問、以前のコラムでもご紹介しましたが(関連記事)、米国では「少なくとも、1日にグラス8杯(約2L)の水を飲みましょう」というルールがあります。ただしこのルール、科学的な根拠がありません。

 そんな中、2015年7月1日、ハーバード大学医学部の発行する「ハーバードヘルスレター(Harvard Health Letter)」は、「健康な人は、1日あたり約1~1.5Lの水分補給が必要」という、これまでのルールより少ない基準を示したのです。

■参考文献
Harvard Health Letter(back issue)「The importance of staying hydrated

 喉の乾きを感じることは、私たちが生きるための本能です。従って、1日あたり約1~1.5Lの水を、一気に飲むのではなく、喉が乾いたらその都度少しずつ飲むことが重要です。

加齢とともに喉の渇きを感じにくくなり、腎臓は水分除去能力を失う

 ただし、ハーバード大学医学部腎臓専門医のジュリアン・シーフター(Julian Seifter)教授は、高齢者の水分補給について注意を促しています。「高齢者は、若いときのようには喉の乾きを感じなくなっています。特に利尿剤などの薬を使用していると、脱水の原因となります」。

 脱水の警告サインは、濃い色の尿、皮膚の乾き、衰弱、脱力、低血圧、吐き気、めまい、頭痛、混乱や意識障害などさまざまです。

 シーフター教授は「腎臓は加齢に伴い、体から水分を除去する能力を失いますので、1日を通じて少しずつ水分補給することが大切です。水、ジュース、サラダや果物を摂取することを推奨します。水分の多い食べ物から徐々に水分を補給するのが重要です」と助言しています。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.