日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 睡眠時無呼吸症候群を治していびき封印→愛復活!?
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

睡眠時無呼吸症候群を治していびき封印→愛復活!?

症状がひどい場合はCPAP療法も検討を

 大西睦子

食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
忙しい1日を終えてようやく眠りについたと思ったら、パートナーや子どもに「うるさい!」と叩き起こされた…という経験のある人はいませんか? いびきは家族、パートナーとの関係に、深刻な問題をもたらすこともあるようです。それがもし、睡眠時無呼吸症候群の症状だとしたら、ますます深刻です。
今回は睡眠時無呼吸症候群について解説します。

睡眠不足の人はパートナーを大切にできない人!?

いびきはロマンチックなパートナーの関係にマイナスの影響を与える。(Lorelyn Medina/123RF.com)
いびきはロマンチックなパートナーの関係にマイナスの影響を与える。(Lorelyn Medina/123RF.com)

 先日、近所に住む友人が、こんなことを話していました。「うちの夫、いびきがひどいの。それに、ときどき寝ているときに呼吸が止まるのが心配で、一緒にドクターに相談に行ったら、睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:以下SASと表記)と診断を受けて、CPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法※1)という鼻のマスクを使った治療を自宅で始めたのよ。でも彼はすぐに不快だからと、CPAPをあきらめてしまって、いびきは治らないまま。私は全然眠れなくなり、結局、別の部屋で寝ることにしたの。ロマンスなんて夢のようよ」

※1:CPAP(シーパップ:持続陽圧呼吸療法)
寝るときに鼻に装着したマスクから空気を送りこむことで、一定の圧力を空気の通り道である気道にかける方法。


 米カリフォルニア大学バークレー校(University of California, Berkeley)の研究者らは、2013年米ニューオーリンズで開催された、パーソナリティ&ー社会心理学会(Society for Personality and Social Psychology)で、睡眠不足は、ロマンチックなパートナーの関係にマイナスの影響を与えると報告しました。

 この研究には、18歳から56歳の60以上のカップルが参加しました。研究のための実験は2つ。

 1つ目の実験は、参加者にパートナーへの感謝の気持ちを日記につけてもらうというもの。良い睡眠と悪い睡眠のパターンが、感謝の気持ちにどれだけ影響するのかを見るのです。

 2つ目の実験は、カップルが問題解決の仕事に取り組む姿を録画するというもの。睡眠のパターンにより、問題解決に影響が出るのか調べるわけです。

 結果は、睡眠不足だとパートナーへの感謝の気持ちや、パートナーに対する理解力が減り、パートナーを大切にするのが難しくなることが分かりました。

■参考文献
UC Berkeley News Center「Poor sleep can leave romantic partners feeling unappreciated


米国の睡眠時無呼吸症候群は約2200万人!

 米国睡眠時無呼吸協会(American Sleep Apnea Association:ASAA)によると、約2200万人の米国人がSASを患っていると推定されています。ちなみに、米国では、糖尿病の患者は約2900万人(2012年)、喘息の患者は約2500万人(2009年)ですから、SASで苦しんでいる人の数の多さが想像できます。

■参考文献
American Diabetes Association「Statistics About Diabetes
American Academy of Allergy, Asthma & Immunology「Asthma Statistics


 ところがSASに対する誤解から、未診断のまま、適切な予防や治療が行われていないことが多く、米国では大きな問題となっています。

 以下に、よくある誤解について見ていきましょう。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.