日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 日焼け止めで欠乏症に!? ビタミンD不足に注意が必要な理由とは  > 6ページ
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

日焼け止めで欠乏症に!? ビタミンD不足に注意が必要な理由とは

骨粗しょう症、筋力低下、心疾患、免疫低下を招く恐れも

 大西睦子

どれだけビタミンDが必要?

 ビタミンDの必要量については、多くの科学者たちにより、激しい議論が交わされています。

 米国医学研究所(Institute of Medicine:IOM)は、1997年から、1日あたり200IUのビタミンD摂取量を推奨してきました。ところがIOMは、2010年11月30日、米国とカナダの子どもと大人に対して、ビタミンDの推奨摂取量を、1日あたり600IU、71歳以上の高齢者は800IU以上に変更しました。さらに、ビタミンD摂取の上限は、それまでの2000IUから、4000IUに変更されました。

 実に3倍の量の変更ですが、ハーバード大学公衆衛生大学院の研究者らは、「この新しいガイドラインの変更は、最新の研究成果によるビタミンDの骨や慢性疾患への効果を考えると保守的すぎる、もっとビタミンDの摂取が必要。また、4000IUが健康の害になるという証拠はない」とコメントしています。この状況を考えますと、将来、さらにビタミンDの推奨摂取量が変更される可能性があります。

■参考文献
The American Journal of Clinical Nutrition「Issues in establishing vitamin D recommendations for infants and children.

 「日本人の食事摂取基準(2015年版)」(厚生労働省)では、18歳以上男女で、5.5μg(=220IU)、摂取の上限は100μg(=4000IU)とされていて、新しい米国の推奨量より低めに設定されています。日本でも米国同様に、ガイドラインの見直しは必要だと思います。

■参考文献
厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2015 年版)の概要

 さて、サプリメントでの摂取が簡単そうに思えてしまいますが、もちろんビタミンDは、食べ物からも摂取できます。サーモン、サバ、ニシンなど油が多い魚はビタミンDが豊富です。また米国では、多くの乳製品やシリアルなどにビタミンDが添加されています。

 「平成25年国民健康・栄養調査報告」によると、日本人男性は平均8.1μg(324IU)、女性が平均6.9μg(276IU)であり、厚労省の摂取基準は満たしています。

■参考文献
厚生労働省「平成25年国民健康・栄養調査報告

 ただ日常的にビタミンDを含んだ食品の摂取が少ない人や、日光を浴びることが極端に少ない人は、サプリメントの利用を考えるべきでしょう。

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2015年7月27日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

6/6 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」NEW

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.