日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > インスタントラーメンで女性のメタボが加速!?  > 4ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

インスタントラーメンで女性のメタボが加速!?

週2回以上の摂取には要注意

 大西睦子

せめて、陶器の器で食べる

 研究者らはさらに、環境ホルモンとして知られる「ビスフェノールA(BPA)」と呼ばれる化学物質の関与を懸念しています。BPAはインスタントラーメンの発泡スチロール容器によく使用され、熱湯を入れたときに溶け出すことが指摘されています。BPAは女性ホルモンのエストロゲンと似たような構造を持つため、エストロゲン同様の作用をし、ホルモン調節機構をかく乱してしまうのです。それが脂肪の生成を加速させ、肥満と関連するという報告もあります。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Effects of bisphenol A on adipokine release from human adipose tissue: Implications for the metabolic syndrome


 今回、インスタントラーメンに科学的見地から改めて警鐘を鳴らした筆頭著者のヒョン・ジュン・シン医師は、ハーバード公衆衛生大学院、栄養疫学博士課程在籍ですが、もともとベイラー大学医療センター臨床心臓学フェロー、つまり心疾患の専門家でもあります。シン医師は、米国大手メディア「TIME」に対して、「即席麺は生麺と違い、おいしくするためにかなり加工されていますし、5分以内に調理できて簡単です。でも生麺だって、インスタントより数分間長くゆでるだけ。あなたの心臓にとって、その数分間待つことは十分価値のあることです」と話しています。

■参考文献
TIME「How Instant Noodles Can Hurt Your Heart


 また、ハーバード大学公衆衛生学部のフランク・フー教授は、ニューヨークタイムズ紙に対して、「月に1、2回のインスタントラーメンは問題ではないけど、週に数回は問題」と答えています。

■参考文献
The New York Times「Instant Noodles Tied to Heart Risk


 週に2回以上インスタントラーメンを食べる人や、肉・加工食品中心の食事をしている人は、老若男女問わず、メタボリック症候群のリスクが高い傾向が示されていますので、男性も方も十分に注意が必要ですね。

 カップラーメンは、緊急時には役に立ちますが、毎日の食事としてはどうでしょうか。インスタントラーメンは、塩分と脂肪、炭水化物、添加物が多く、ビタミンやミネラルなどの栄養価が低いことが気がかりです。どうしても、というときは、ぜひ野菜などの具をたっぷり加えたオリジナルラーメンにアレンジしてみてください。もちろん、使い捨ての発泡スチロール容器ではなく、陶器などの食器に盛りつけてくださいね。洗い物などちょっとした手間をいとわなければ、BPAにさらされずに済みますし、エコにもつながるのではないでしょうか。

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2014年10月24日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

4/4 page

日経グッデイ初割春割キャンペーン2022

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 放置すると命を脅かす「高血圧」 140未満でも油断禁物

    収縮期血圧(上の血圧)が基準値の140より低くても130以上であれば「高値血圧」と言い、生活改善が望まれる。そこで本記事では、なぜ血圧を下げる必要があるのかや、手軽で効果的な「血圧リセット術」について紹介する。今年こそ、高血圧を改善しよう。

  • 健康長寿の生命線! 放置は禁物 「腎臓」の異常値

    生命維持に欠かせないさまざまな機能を担っている腎臓は、よほど悪くならない限り悲鳴を上げない「沈黙の臓器」でもある。本記事では、大切な腎機能が失われる前に、異常値にどう対処すればいいか、腎臓を守るためにはどのような生活習慣に気を付けていけばいいかについて解説する。

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday初割キャンペーン2022

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.