日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > インスタントラーメンで女性のメタボが加速!?
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

インスタントラーメンで女性のメタボが加速!?

週2回以上の摂取には要注意

 大西睦子

食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
深夜まで働いてお腹がすき、インスタントラーメンを食べる……ということはないでしょうか? お湯を沸かせばすぐに食べられるカップ麺は、とても便利です。
そんなインスタントラーメンのリスクが、米国では大きな話題になっています。

インスタントラーメンはメタボの原因に?(©Claudio Ventrella/123RF.com)
インスタントラーメンはメタボの原因に?(©Claudio Ventrella/123RF.com)

 安くて手軽に食べられるインスタントラーメン。昨日は夜食に袋麺、今日はお昼にカップ麺、と利用している方は多いのではないでしょうか?

 そのインスタントラーメンと肥満や高血糖を特徴とするメタボリック症候群のリスクとの関連性が、米国の栄養学雑誌「The Journal of Nutrition」に報告され、米国のメディアで大きな話題となりました。

一人当たり消費量No.1の韓国で調査

 米ハーバード大学の研究者らは、2007年から2009年までの韓国の国民健康栄養調査(KNHANES)をもとに、インスタントラーメンを食べる頻度を含む食事パターンと疾病・健康状態の関係を分析しました。調査の対象は、19歳から64歳までの計1万711人(女性55%)です。



 世界インスタントラーメン協会(World Instant Noodles Association)のデータによると、インスタントラーメン消費量トップ10カ国のうち8カ国がアジア圏。このうち韓国は2013年に合計36億食を消費していて、国民1人あたりの消費量では世界一でした。

 ちなみに、2013年の日本のインスタントラーメン消費量は55億食です。1人あたりの消費量は韓国より少ないものの、合計量で見れば、日本(人口約1億2709万人)は中国・香港(人口約14億人)とインドネシア(人口約2.5億人)に次ぐ世界第3位の市場です。

■参考文献
World Instant Noodles Association「Global Demand for Instant Noodles


 韓国では、1998年から2007年の間に太りすぎの成人が26%から32%に、メタボリック症候群の人が25%から31%に増加。その結果、心血管疾患による死亡数や全死亡数が上昇しただけでなく、それに伴ってヘルスケア費も増加しました。その原因として、ハンバーガーやインスタントラーメン、ピザなどのファストフードに代表される不健康な食生活が指摘されました。

 ただし、メタボリック症候群とインスタントラーメン単独との関係については明らかになってはいませんでした。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 加齢で進む胃の不調 機能性ディスペプシアと逆流性食道炎の原因と対策

    加齢により胃の機能が衰えると、さまざまな不調が起きる。ピロリ菌の除菌が進んで胃がんや胃潰瘍が減ってきた今、胃の病気の主役は、胃もたれや胃痛の症状を招く「機能性ディスペプシア」と、胸やけやげっぷが起きる「逆流性食道炎」の2つに移行しつつある。なぜ機能性ディスペプシアと逆流性食道炎は起きるのか、どのような治療が必要なのか、セルフケアで改善・予防できるのか。このテーマ別特集では、胃の不調の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.