日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条  > 3ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条

カフェインや添加物の摂り過ぎに注意

 大西睦子

【成分1:カフェイン】アスリートの死亡原因にもなり得る!?

 米食品医薬品局(US Food and Drug Administration;FDA)は、コーラなどの飲料に含まれるカフェインの量を規制していますが、カフェインそのものは、法的に禁止や制限された薬物ではなく、一般的には安全と認められる物質です。レッドブルは1缶(250ml)あたり80mgのカフェインが含まれています。最近、米国で大人気のエナジードリンク、5 Hour Energyは、1缶(60ml)当たり200mgのカフェインが含まれています。ちなみに、コーヒーカップ1杯で約80~120mg、紅茶カップ1杯で約50mg、コーラ350ml 1本で35mgのカフェインを含むとされます。

■参考文献
Caffeine Informer「Caffeine Content of Drinks


 カフェインは、脳神経系に作用します。

 適度な量のカフェイン摂取は、エネルギーの増加、身体能力の向上、疲労減少、瞬発性の向上、認知機能の強化、集中力と短期記憶の向上につながるという研究報告があります。

 一方で、カフェインの摂取とその減量や中止による、さまざまな健康への影響が懸念されています。神経過敏、不安、精神錯乱、手足の震え、骨粗しょう症、消化器系の問題、吐き気、不眠、眠気、頻尿、頭痛、動悸、不整脈、および高血圧などの症状が表れたり、学齢期の子どもたちの場合、1日あたり120mgから145mgのカフェインを2週間摂取すると、禁断症状が表れることも報告されています。

 またカフェインの過剰摂取(使用)によって生じる心血管系への影響は、アスリートの死亡原因にもなっています。カフェインの値が高い場合、十分な水分補給がないと、カフェインの利尿効果により脱水症状を誘発します。

 ある研究では、米国における高校生の95%が、カフェインを摂取していることが明らかになりました。そのほとんどは炭酸飲料からの摂取です。カフェインを摂取している若者は、摂取していない若者よりも、日々の不安が悪化しているという報告もあります。

 日本でも2011年に、食品安全委員会(内閣府)が海外のリスク管理機関等の状況をまとめ、以下のように発表しています。

[画像のクリックで拡大表示]
■参考文献
内閣府・食品安全委員会「食品中のカフェイン


RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.