日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ  > デジタル端末、子どもの発育・教育に良い悪い?  > 5ページ目
印刷

医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ

デジタル端末、子どもの発育・教育に良い悪い?

米国小児科学会の最新ガイドライン

 大西睦子

【3】6歳以上の子どももデジタルメディアの使用を制限する

 ガイドラインでは6歳以上の子どもたちは、時間および場所、使用するメディア(端末)に関して制限を設け、十分な睡眠や身体活動、健康に欠かせないその他の活動の妨げにならないようにと示されています。

 メディアを娯楽道具として使用するとしても、優先順位をつけ、制限を設けるようにすべきであり、チャシアコス教授によれば「健全な子どもの成長には学校で過ごす時間や宿題をする時間、少なくとも1時間の身体活動の時間、そして社会的な関わりを持つ時間と、8~12時間の睡眠時間が必要になります。健康面での活動、特に睡眠や社会的相互作用、身体活動を削ってまでデジタルメディアを利用すべきではないのです」

 最近ではデジタルメディアを取り巻く環境も変わってきており、対話や通信、創作活動などで活用されるという多くのポジディブな側面を持つようになっています。ただしリスク(ネットいじめ、SNSやメールを使い性的な画像やメッセージをやり取りするセクスティング、広告、インターネット上での子どもの性的搾取)についても、親から子どもにしっかり伝えなければなりません。例えば、子どもとテレビ広告について議論することは重要なのです。甘いシリアルやファストフードなどの多くの食品は子ども用に販売されていますが、こうした食品が必ずしも健康的な選択ではないことを親が説明することで子どもも理解できるのと同じです。

 つまり、一番重要なのは、親が子どものデジタルメディアの使用について良き指導者であること。大人が健康的にデジタルメディアを利用する習慣を持つことも大切です。

デジタルメディアを使ってはいけない部屋を作る

 近所の高校の学内新聞に、生徒の印象深い記事が掲載されていました。「子どもがインターネットにアクセスすると、別世界にアクセスし得ます。すばらしい世界にアクセスできると同時に、恐ろしい世界にもアクセスできるのです。私たちみんなが知っておくべきことは、2つの世界の違いを見極めることは容易でないということです」

 米国では、子どもによる危険ドラッグの使用が問題になっています。スマートフォンの入手は、オンラインでのドラッグ検索・入手手段にも容易にアクセスできるようになることを意味するわけです。

 米国小児科学会では夕食や運転時など、家族一緒に「メディアフリー(デジタルメディアを使わない)」の時間を過ごすことも推奨しています。特に家族が対面して会話できる夕食時はスマートフォンをオフにするべきで、子どもの発達のために非常に重要だとしています。寝室など、自宅に「メディアフリー」の場所を設定してもよいでしょう。その部屋にはデジタルメディアを持ち込めなくするのです。これはきっと子どもだけではなく、親にとっても良い効果があるはずです。

 冒頭のニューヨークタイムズ紙で、『スティーブ・ジョブズ』の著者、ウォルター・アイザックソン氏は、「毎晩、ジョブズ氏は、大きな長いテーブルで、子どもたちと本や歴史などさまざまなことを議論しました。誰もiPadやコンピュータを持ち出しません。子どもたちはデバイスにハマっていないようでした」と述べています。

 昨今はインターネットの乱用によるメンタルヘルスの問題が、世界的に指摘されるようになっており、ニューヨークタイムズ紙によれば、中国ではインターネット依存症が臨床的障害として位置づけられているといいます。2004年には北京の郊外に10代の若者のための「インターネット依存症治療センター」が設立されたそうです。

■参考文献
The New York Times「‘China’s Web Junkies’

 テクノロジーは使い方次第で子どもの発育や教育にとって良くも悪くも影響します。当たり前かもしれませんが、大人が良い指導者であることが重要なのです。今後は、デジタル端末をうまく活用して、世界の距離感だけではなく、家族や仲間との距離感がさらに縮まることを期待します。

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2016年11月14日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.