日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > スムージーってヘルシー? それとも不健康?  > 2ページ目

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

スムージーってヘルシー? それとも不健康?

アイスやチョコを含む不健康なスムージーには要注意

 大西睦子

米国でスムージーが賛否両論のワケ

 2013年、ハーバード公衆衛生大学院の研究者らが、1984年から2008年の間に計18万7382人の参加者から収集したデータをもとに、長期の疫学研究の結果を報告しました。

 結果は果物そのもの、特にブルーベリー、ブドウ、リンゴなどを、毎週少なくとも2サービング(※)食べている人は、1カ月に1サービングしか食べない人と比べて、23%も2型糖尿病のリスクが減少。逆にフルーツジュースを、毎日1杯以上飲む人は、2型糖尿病のリスクが21%も増加しました。さらに週に3杯のジュースを果物に交換すると、糖尿病のリスクが7%減少することが分かりました。

※1サービング=一食分として食べる量。例えばリンゴ、バナナ、オレンジ、梨などは1サービング=中1個を指す
■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Fruit consumption and risk of type 2 diabetes: results from three prospective longitudinal cohort studies.
Harvard School of Public Health「Eating whole fruits linked to lower risk of type 2 diabetes

 要するに、新鮮な果物を食べることは、糖尿病の予防になりますが、フルーツジュースを飲んでいると糖尿病のリスクが高まるという結果です。そこで、スムージーに対しては、賛否両論があるのです。

スムージー賛成派
食物繊維を含むため、血糖値の上昇は緩やかで、急激なインスリンの分泌が抑えられ、満腹感が持続するため過食も防ぐ。
スムージー反対派
コーラよりも糖分が多く、かえって糖尿病や肥満の原因となり不健康。


 ノースカロライナ大学栄養学の名誉教授ポプキン博士は、英国大手メデイアの「ガーディアン (The Guardian)」の取材に対し、「どの国も、異性化糖が含まれる清涼飲料水から、新しい健康的な飲料としてフルーツジュースやスムージーを代用してきた。しかし(清涼飲料水よりは健康とされる)スムージーやフルーツジュースは、清涼飲料水に続き、新たなリスクになる」と警告しています。


 家庭で手作りするような、新鮮な野菜や果物を使用したスムージーはとてもヘルシーですが、カフェなどで手軽に買えるフルーツジュース、アイスクリーム、チョコレートやシャーベットなどを含むスムージーは、糖分や脂質が高く含まれていて、毎日摂取するのは健康に良くありません。ですので、スムージーは、素材やレシピ次第で、ヘルシーとも不健康とも言える食品なのです。

新型コロナウイルス感染症 最新情報はこちら
  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.