日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ  > 米国人に学ぶ、新生活を始めるときに気を付ける5つのポイント
印刷

医学博士 大西睦子 食・医療・健康のナゾ

米国人に学ぶ、新生活を始めるときに気を付ける5つのポイント

第一印象に気をつけ、睡眠、朝食、気分転換を大切に!

 大西睦子

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら考え、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 4月から環境が変わった、新生活をスタートした、という人も多いでしょう。新生活を迎えるときに、どんなことに気をつければいいでしょうか?

新生活を始めるときは誰もが不安なものです。米国の人たちはどんなことに気をつけているのでしょうか。(©PaylessImages -123rf)

 4月ですね! 学校や職場で新しく始まった生活に、夢や期待が大きく膨らむ一方、不安や緊張が高まる方も多いと思います。多くの米国の学校は9月に始まるので季節は異なりますが、新生活に際して抱く微妙な感情は米国人も同じです。

 そこで今回は、米国で必要とされる「新生活を始めるときに気をつけること」を5つ紹介します。ぜひ、参考にして下さい。

【1】第一印象を良くする

 「Thin-slicing(薄いスライス)」とは、心理学や哲学で使われる言葉で、一瞬で他人の行動を評価することを意味します(日本では“第一印象は2秒で決まる”などという表現がありますね)。これは、1993年の「Journal of Personality and Social Psychology」誌で、ハーバード大学のナリニ・アンベディ博士とロバート・ローゼンソール博士が、初めて使った言葉です。

 博士らは「気を配る視線を送る人」「強くうなずいている人」「あたたかい微笑をたたえている人」など、人物を撮影した2秒、5秒、10秒のサイレント映像を、調査対象者にそれぞれ見せました。対象者は自分が見た映像の中の人物を、楽観的/プロフェッショナル/正直/活動的/自信家/不安があるなど15のカテゴリーに分類して評価しました。すると、よりポジティブで好感を持てる印象の人が高評価になりました。このことから博士らは、人が他人を評価するのにそれほど時間はかからない、つまり第一印象は非常に重要だということを示しているといいます。また第一印象は、その後も長く続く傾向があるとしています。

■参考文献
Harvard Magazine「Snap Judgments Work!
Journal of Personality and Social Psychology「Half a Minute: Predicting Teacher Evaluations From Thin Slices of. Nonverbal Behavior and Physical Attractiveness

 それでは、第一印象を良くするにはどうすればよいのでしょうか? 米心理学会(American Psychological Association:APA)は、「良い第一印象を作るための6つのヒント」を挙げています。

良い第一印象を作るための6つのヒント(6 tips for making a good first impression)
  1. 学校や職場の文化を知る(例えばランチや付き合いはどうしているかなど)
  2. 自信を持った態度を取る
  3. 質問にはていねいに答える
  4. 準備と練習をしっかりする(例えば自己紹介、プレゼンテーションなど)
  5. 良い聞き手になる
  6. 環境に合った服装をする
■参考文献
American Psychological Association「6 tips for making a good first impression

 つまり良い第一印象において大切なのは、どう振る舞うかということを心にとめておきたいところです。

1/3 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 肩の痛みから高血圧まで、「姿勢の崩れ」は様々な不調の原因に

    「姿勢」が、肩こりや腰痛の原因になることを知っている人は多いだろうが、足の痛みや高血圧、誤嚥性肺炎まで、全身の様々な不調・疾患の原因になることをご存じの方は少ないかもしれない。これまでに掲載した人気記事から、姿勢と様々な病気・不調との関係について知っておきたいことをコンパクトにまとめた。

  • あなたも「隠れ心房細動」?! 高齢化で急増する危険な不整脈

    脈の速さやリズムが乱れる「不整脈」。その一種である「心房細動」は、高齢化に伴い患者数が増加しており、潜在患者も含めると100万人を超えると言われている。心房細動の怖いところは、放置すると脳梗塞などの命に関わる病気を引き起こす可能性があることだ。本記事では、心房細動の症状や早期発見のコツ、治療のポイントなどをコンパクトにまとめた。

  • 変形性膝関節症のつらい痛みを改善する運動とは?

    年を取ると多くの人が感じる「膝の痛み」。その原因で最もよくあるケースが「変形性膝関節症」だ。膝が痛いと外出がおっくうになり、体を動かす機会が減るため、そのまま何もしないとますます足腰が衰えてしまう。だが実は、変形性膝関節症の痛みをとり、関節の動きを改善するために有効なのが、膝への負担を抑えた「運動」なのだ。ここでは、膝の痛みが起きる仕組みから、改善するための運動のやり方までをまとめよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設 日経Gooday春割キャンペーン

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.