日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > からだケア  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 男と女、実はどちらがナルシストなのか?  > 2ページ
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

男と女、実はどちらがナルシストなのか?

ナルシシズムは人格障害? リーダーシップにつながる良い影響も

 大西睦子

ナルシシズムはもろ刃の剣

 筆頭著者のエミリー・グリハルバ教授は、学内ニュースのインタビューに対して以下のように述べました。

 「良い人間関係を築くのに必要な健全な関係を長期間維持することができない、あるいは非倫理的な行動をとったり攻撃性を見せるなどの、さまざまな問題行動に、ナルシシズムが関わっています。同時にナルシシズムがあることで、自尊心が高まり、情緒が安定し、リーダーとしての資質が高まる傾向も示されています。
 さらに“ナルシシズムにおける男女の違い”を調べることによって、“男女の格差”を説明し得る可能性も分かってきたのです」

■参考文献
UNIVERSITY AT BUFFALO News Center「Study: Men tend to be more narcissistic than women

 研究者らはナルシシズムの「リーダーシップ/権威」「誇大妄想性/自己顕示癖」「権利主張」という“3つの側面”における性差について、355以上の過去の論文を使い分析しました。以下に具体的な例を示します。ご自分に当てはまる例はありませんか?

[1]リーダーシップ/権威

 リーダーになりたい。私は良いリーダーだと思う。権威を持つことが好き。私は生まれつき他人に影響を与える能力がある。みんな私の権威を知っている。私は生まれつきのリーダーである。

[2]誇大妄想性/自己顕示癖

 公の場で自分に気づかないことに怒りを感じる。自分の体を見せたい。注目の的になりたい。自分の姿を見るのが好き。鏡にうつる自分が好き。賞賛されるのが好き。

[3]特別な権利主張

 自分は特別な人間だ。人を利用することは簡単。自分の要求をすべて満たすまで満足しない。自分が満足するためなら、他の人を利用して構わない。自分を批判する人が許せない。自分の価値を下げるようなことをする人は認めない。

ナルシシズムにおける男女の違い

 研究者らによれば男女差が最も大きいのは[3]の特別な権利主張で、男性は他人を利用することで、より特権意識を感じる可能性が高いといいます。

 次に男女差が大きかったのが、[1]のリーダーシップ/権威に関する感覚で、権威への欲望の強さが現れています。

 差が見られなかったのは[2]の誇大妄想性/自己顕示癖で、注目されたいという虚栄心は、男女ともに同じように示す可能性があるといいます。

 加えて年齢による違いを見てみると、男性は年齢に関係なく一貫して、ナルシシズムの傾向があることが示されました。1990年から2013年までの大学生のデータを比較してみても、男女とも時間の経過によってナルシシズムの傾向が強まったという結論には至りませんでした。

RELATED ARTICLES関連する記事

からだケアカテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.