日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 健康にはいいけど汚染が心配!? 魚は食べるべきか避けるべきか  > 2ページ
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

健康にはいいけど汚染が心配!? 魚は食べるべきか避けるべきか

大型魚に偏った食生活には要注意

 大西睦子

魚食のリスク…残留性有機汚染物質(POPs)とは?

 確かに魚についても、果物や野菜、卵、肉類と同じように、非常にさまざまな化学物質汚染が懸念されています。特に今、最も懸念される汚染物質は、残留性有機汚染物質(Persistent Organic Pollutants;POPs、ポップス)、そして水銀です。

 POPsは、次のような性質を持った化学物質の総称です。

 [1]環境中で分解されにくく(難分解性)、地球上で長距離運ばれうる

 [2]食物連鎖により生体内、特に脂肪に多く蓄積しやすい(高蓄積性)

 [3]人の健康や生態系に対し有害性がある(毒性または生態毒性)

 代表例として、しばしばゴミの焼却灰から検出されて問題になっているダイオキシン類や、電化製品の絶縁にかつて多用されたPCB(ポリ塩化ビフェニール)、以前は安価で効果の高い除草剤および殺虫剤として広く使われたDDTに代表される有機塩素系(organochlorine;OC)農薬などが挙げられます。

 1990年代後半までに環境や人体への影響が世界的に問題となり、2001年、スウェーデンのストックホルムで、PCBなど12の物質の削減や廃絶等に向けた「残留性有機汚染物質に関するストックホルム条約(POPs条約)」が採択されました。日本は2002年8月にこの条約を締結し、現在ではPOPsの製造および使用は禁止されています。

 ところが、POPsは意図せず生成されることがあるほか、自然に分解されづらく環境中に長く留まるため、放置された廃棄物から漏出し、人知れず長距離移動して広がっている可能性もあります。また海外では、いまだにPOPsを使用している国があります。

■参考文献
環境省「POPs(Persistent Organic Pollutants)

魚は避けるべきではない?

 では魚食によるリスクはどの程度あるのでしょうか?

 ハーバード公衆衛生大学院のモツァファーリアン教授らは、米国環境保護庁などのデータを検討し、10万人が週2回、70年間養殖サーモンを食べ続けた場合の死亡リスクへの影響を計算しました。

 その結果、ポリ塩化ビフェニール摂取のために24人ががんで死亡する可能性がある一方、少なくとも7000人は心臓病による死亡リスクが下がることが分かりました。また、魚類中のポリ塩化ビフェニールおよびダイオキシンのレベルは、肉、乳製品、および卵のダイオキシンレベルと同様、非常に低く、米国人が食品から摂取するポリ塩化ビフェニールおよびダイオキシン類の90%以上は、肉、乳製品、野菜、そのほか魚以外の食品から摂取されていることを指摘しました。

 以上から教授らは、ポリ塩化ビフェニールおよびダイオキシン類を気にして魚を避けるべきではないと指導しています。ただし、唯一の例外は、知人や家族が地元の川や湖等で釣った淡水魚を食べる場合には、魚ごとに摂取許容量について地元当局の勧告を考慮すべきでしょう。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 睡眠不足は肥満や生活習慣病のリスクを高める

    近年、睡眠不足が積み重なる「睡眠負債」の怖さが取り上げられるようになり、睡眠の大切さがクローズアップされている。実際、睡眠不足や質の低下が、疲れや集中力の低下につながることを実感したことがある人も多いだろう。しかし、問題はそれだけではない。睡眠不足や質が低下すると“太りやすくなる”。さらに、高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病のリスクも高まることも分かっている。そこで本特集では、睡眠と生活習慣病の関係から、実践的な睡眠改善法までを一挙に紹介する。

  • 女性の「尿漏れ」「頻尿」には骨盤底筋トレーニングが効く!

    トイレに行く回数が多い、くしゃみをすると少し漏らしてしまう、突然尿意に襲われて我慢できない…。女性の尿の悩みは、「頻尿」や「尿漏れ(尿失禁)」が多いのが特徴だ。これらを改善するにはどうすればいいのだろうか?

  • 男性も無関係ではない骨粗鬆症、飲酒・喫煙・高血糖はリスク

    骨がスカスカになってもろくなり、骨折の危険性が増すのが「骨粗鬆症」だ。急速な高齢化に伴って患者数が増えており、日本骨粗鬆症学会などによると、日本における患者数は現在1300万人と推定されている。骨粗鬆症というと女性のイメージがあるが、男性の患者数は300万人と見られている。本特集では、骨粗鬆症が起きる仕組みから、気をつけたい生活習慣、そして骨を強くするための対策までを一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.