日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 発がん物質を減らすなら、黒ビールのマリネでBBQ!  > 2ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

発がん物質を減らすなら、黒ビールのマリネでBBQ!

肉に火を通す前の下ごしらえでの活用が有効

 大西睦子

 フェレイラ博士らは、これまでに、ビール、赤ワイン、白ワインや、それらにニンニク、生姜、タイム、ローズマリー、赤唐辛子を加えて調理された肉が、ヘテロサイクリックアミンのレベルを下げることを報告されていますが、PAHに与える影響は調査されていませんでした。

 そこで博士らは、3種類のビールに漬けて下ごしらえした、あぶり焼きの豚肉と、比較対照のためビール不使用であぶり焼きした豚肉について、8種類のPAHの形成を調べました。またマリネする(漬け汁にひたす)前後での、ビールによる抗酸化能の影響も評価しました。この研究について、見ていきましょう。

 なおEU食品科学委員会によると、食品中のPAH発生およびPAHの発がん作用に最も適した指標は、8種類のPAH(PAH8)の合計です。

その1:使用したビール

[1]ピルスナービール(日本で一般的な淡黄金色のビール)

[2]ノンアルコールピルスナービール

[3]黒ビール

その2:肉のサンプルとマリネの条件

 研究者らは、豚のロイン(腰部分)ステーキ肉を、地元のスーパーマーケットで入手しました。肉の厚さは1枚0.75cmで重量100g。合計32枚をPAH測定のために使用しました。

 マリネの時間は、5℃で4時間、肉とマリネの量の割合は1:1(g/ml)です。ビール以外の材料は追加しません。

 炭火焼きで調理する前に、豚肉はマリネから取り出し、やや乾燥させました。4時間というマリネの時間は、以前の研究報告(HCAを減らすためにビールに漬けて下準備した牛焼肉に関する研究)を参考にしました。

その3:調理条件

 木炭を用意し、庭用グリル(幅34cm、長さ52cm、高さ15cm)に点火し、すべての炎が収まったときに、マリネにした豚肉サンプルを熱源から15cmの距離で、炭火焼きしました。グリル温度は200~230℃、内部温度は最低限75℃です。

 豚肉は、グリル中に1度裏返し、加熱時間は合計10分です。木炭は、肉の種類ごとに交換しました。

 調理後、豚肉サンプルを凍結乾燥させました。そして、抗酸化能の分析も行われました。

次ページ
分析結果は…

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 疲労解消は「脳の疲れ」をとることから

    しつこい「疲労」の正体は、実は脳の自律神経の機能の低下であることが近年の疲労医学の研究で明らかになってきた。本記事では、放置すると老化にもつながる「疲労」の怖さとその解消法を、過去の人気記事を基にコンパクトに解説していく。

  • 怖い病気を招く「中性脂肪」を食事・運動で徹底対策!

    健康診断でもおなじみの項目である「中性脂肪」。血液中の中性脂肪が150mg/dLを超えると、脂質異常症の1つ、「高中性脂肪血症(高トリグリセライド血症)」と見なされる。血管の老化を防ぎ、心筋梗塞や脳梗塞を遠ざけるためにも、中性脂肪が上がるのを避けなければならない。そこで、今回はやっかいな中性脂肪の正体や、食事や運動でできる鉄板の対策法を一挙紹介していく。

  • 長年の悩み「腰痛」を解消! 痛みを和らげる体操4選

    腰痛は日本人の国民病とも言える身近な症状だ。特に問題なのは、原因がはっきりしない、「なんだか知らないけど、いつの間にか…」始まってしまう「慢性腰痛」だ。長年にわたって慢性腰痛で悩む人は少なくない。そこで、今回は長引く腰痛の解消が期待できる体操を一挙紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.