日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 発がん物質を減らすなら、黒ビールのマリネでBBQ!  > 3ページ目

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

発がん物質を減らすなら、黒ビールのマリネでBBQ!

肉に火を通す前の下ごしらえでの活用が有効

 大西睦子

その4:抗酸化能の分析結果

 抗酸化能を分析した結果、黒ビールが68.0%と最も強く、続いてノンアルコールピルスナービール36.5%、ピルスナービール29.5%(ピルスナービールとノンアルコールピルスナービールには有意差なし)でした。

その5:ビールマリネとPAHの形成の分析結果

 比較対照群とビールに漬けた肉には、8種類のPAH(PAH8)が含まれていました。分析の結果、黒ビールが53%と最も高いPAHの阻害効果を示し、続いてノンアルコールピルスナービール25%、ピルスナービール13%でした。

 黒ビールの抗酸化化合物が、肉の表面に生じる酸化物質に対し相互作用を及ぼし、PAHの形成を抑制する可能性があります。

 またこの研究とは別に、タマネギを加えた豚肉の炒め物(肉100gに対してタマネギ30g)、ニンニクを加えた豚肉の炒め物(肉100gに対してニンニク15g)で、PAH含有量の合計(PAH8のうち6)が、タマネギのほうは平均60%、ニンニクのほうは平均54%、減少したことも報告されています。

 黒ビールのマリネは風味が良くなるだけではなく、有害物質も減らすことができます。これからバーベキューをやるときはぜひ、火を通す前に黒ビールを使って、肉をマリネしてみてください! その際にはタマネギやニンニクを一緒に漬け込んだり、工夫して調理してみてくださいね。

 黒ビールの抗酸化作用のメカニズムに関しては、今後さらに研究が進められると思います。ただ、ビールを選ぶときには、なるべく添加物の少ない、シンプルな材料のものを選びましょう。そして最後に。飲み過ぎに注意ですよ!

大西睦子(おおにし・むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし・むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2014年7月11日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

3/3 page

  • facebookでシェア
  • Twitterにツイート

PR

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

FEATURES of THEMEテーマ別特集

テーマ別特集をもっと見る

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

PC表示

NIKKEICopyright © 2022 Nikkei Inc. All rights reserved.