日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > ダイエット・食生活  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > 摂食障害や身体的コンプレックスは家族そろっての食事で減る
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

摂食障害や身体的コンプレックスは家族そろっての食事で減る

経済力の差により家族での食事の頻度が異なる

 大西睦子

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 昨今、注目される“食育”とはなんでしょうか。内閣府は「生きる上での基本であって、知育・徳育・体育の基礎となるものであり、さまざまな経験を通じて『食』に関する知識と『食』を選択する力を習得し、健全な食生活を実践することができる人間を育てること」としています。今回はその食育の一環である“家族との食事”が子どもや若者に与える影響について、解説します。

食育は日本だけでなく海外でも重視されている。(©Cathy Yeulet/ 123RF)

 家族と一緒にごはんを食べながらコミュニケーションをとることは、“食育”の原点と考えられ、日本だけでなく海外でも重視されています。

 そこで今回は、カナダのオタワ大学小児科の、メガン・ハリソン教授らによる報告を参考に、家族そろっての食事が、子どもや若者にもたらす心理社会的(psychosocial)効果について考えてみましょう。

■参考文献
the College of Family Physicians of Canada「Systematic review of the effects of family meal frequency on psychosocial outcomes in youth


 ハリソン教授らは、これまでに報告された論文を解析しました。調査したのは家族との食事の頻度が子どもや若者の心理社会的に与える影響と、その影響の男女差です。

 まず教授らは、オンラインデータベースの「MEDLINE」(米国立医学図書館、NLM〈National Library of Medicine〉が提供する医薬関連文献の索引・抄録2次資料データベース)を用いて1948年~2011年までの医学文献の検索を行いました。同様に会員13万人の世界最大の心理学者の団体である米心理学会(American Psychological Association:APA)の1806年~2011年までの報告を調べました。

 検索キーワードは「家族」「食物摂取」「栄養」「ダイエット」「体重」「思春期の態度」「摂食行動」および「摂食障害」と、これらの単語の組み合わせです。

 最初の検索で見つかった論文は1783本。さらに以下の基準を満たす論文を絞り込んでいきました。


[1]英語で査読付き医学雑誌の論文
[2]対象に子どもや若者を含む
[3]子どもや若者の心理社会的転機(例えば、薬物使用、摂食障害、うつ病)における家族との食事の役割を議論
[4]データ分析に適切な統計を用いている


 最終的に条件を満たした論文は14本で、その内容を解析すると次のようになりました。

1/4 page

最後へ

次へ

RELATED ARTICLES関連する記事

ダイエット・食生活カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • もの忘れと将来の認知症の関係は?

    「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」…。“もの忘れ”は、ミドル以上なら誰にでも経験があるもの。本特集では、もの忘れの原因は何なのか、将来の認知症につながるのかなどについて紹介する。

  • 健康寿命を左右する「全粒穀物と食物繊維」の摂取方法

    今、世界的に「全粒穀物」の健康効果が注目されている。全粒穀物の摂取が増えるほど、がん、心血管疾患、総死亡率が低くなるという研究報告も出ている。その健康効果の中核となっているのが「食物繊維」だ。食物繊維が体にいいことはよく知られているが、主に便通などに影響するものと軽視されがち。だが、食物繊維不足は生活習慣病と密接な関係がある。本特集では、主食の選択が及ぼす健康効果から、注目の大麦の健康効果、穀物以外の食物繊維のとり方までを一挙に紹介する。

  • 「胃がん」撃退のため知っておきたい最新情報

    これまで多くの人の命を奪い、「死の病」であった胃がんが、「ピロリ菌」除菌の登場によって未然に防ぐことができる病気になってきた。また、万が一胃がんになってしまった場合も、胃カメラによる検診を定期的に受けていれば、超早期の段階で見つけて治療し、胃の機能をほとんど損ねることなく日常生活に戻ることができる。本特集では、近年死亡率が大きく減少している胃がんの最新事情をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2018 Nikkei Inc. All rights reserved.