日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > スマホの使いすぎで肩、肘、指、目、睡眠に異変?  > 2ページ
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

スマホの使いすぎで肩、肘、指、目、睡眠に異変?

近視にも老眼にも悪影響

 大西睦子

症状その1「テキストネック」:肩こり、首が疲れる

 スマホを使うときは、どうしてもうつむきがちです。これは「テキストネック(Text Neck)」とも呼ばれる姿勢で、背骨に過度の負荷をかけるため、首の疲れや痛み、肩こりや頭痛などさまざまな症状を引き起こします

 ニューヨーク脊椎外科&リハビリテーション医学のケニス・ハンスラ医師の報告によると、大人の頭の重さは中立位置で10~12ポンド(4.5~5.4kg)です。ところが、頭が前方に15度傾くと、27ポンド(12kg)、30度で40ポンド(18kg)、45度で49ポンド(22kg)、60度で60ポンド(27kg)も増加。うつむく角度が深くなるにつれて、頭を支える頸椎(首の骨)へのストレスが高まるのです。

 頸椎は、もともと生理的に少し前に湾曲していますが、ストレスによって湾曲を失います。さらに、このような状態が長く続くと、骨と骨の間にある軟骨でクッションの役割を果たす椎間板に、変性が起こる可能性があります。

 平均的な人で、1日2~4時間もうつむきの姿勢でスマホを使っています。となると1年間では700~1400時間も頸椎に過度のストレスをかけていることになるのです。スマホ保有率が高く、使用時間が長いとされる高校生の場合、1年間でプラス約5000時間も悪い姿勢で過ごしている可能性があるといいます。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Assessment of stresses in the cervical spine caused by posture and position of the head.

 なかなか大変だとは思いますが、スマホを使うときは目の高さに挙げてください。そうすればうつむかないで済むので、頸椎のストレスが減ります。

症状その2「テキストクロー」「携帯肘」:指が痛い、しびれる

 「テキストクロー(Text Claw)」は、正式な診断に使用される医学用語ではありませんが、スマホでテキスト入力をしていたり、ゲームをしているときに「claw=かぎづめ状」に曲がった指が痛んだり、けいれんが起きたりする症状のことです。ときには腱鞘炎や手根管症候群を引き起こしたり、症状が悪化する可能性もあります。手根管症候群は手の正中神経(親指から薬指の親指側半分を支配している神経)が、手首にある手根管というトンネル内で圧迫され、小指以外の指にしびれや痛みが起き、場合によっては握力ががっくり落ちることもあります。

 メールでの連絡は便利なのですが、依存しすぎは手指にも悪影響があるということ。電話や直接会って話す機会も活用したほうが良さそうです。

 また、「携帯肘(Cell Phone Elbow)」は長時間腕を曲げた結果、小指や薬指にしびれ、うずきや痛みを感じることを示します。医学雑誌「クリーブランド・クリニック・ジャーナル・オブ・メディシン(Cleveland Clinic Journal of Medicine)」によると、携帯肘は、肘部管症候群を引き起こす可能性があります。肘部管症候群とは、肘で手の尺骨神経(薬指の小指側半分と小指を支配している神経)に圧迫やけん引などが加わって生じる障害をいいます。頻繁に携帯をもつ手を替えること、ハンズフリーのヘッドセットや、携帯ホルダーの利用が、携帯肘の予防になります。

■参考文献
Cleveland Clinic Journal of Medicine「What is cell phone elbow, and what should we tell our patients?

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 老化を左右する血管! 若返りのポイントは?

    体の中に縦横無尽に張り巡らされた「血管」をよい状態に保つことは、健康を維持するため、そして老化を防ぐために極めて重要だ。では、強い血管をキープし、老化した血管を若返らせるには、何をすればいいのだろうか。本特集では、2万例を超える心臓・血管手術を手がけてきたスペシャリストに、血管の若さを維持する秘訣と、血管を強くする運動法・食事法を聞いていく。

  • つらい「肩こり」は動的ストレッチで解消!

    肩こりの原因の大半は、生活習慣。すなわち、不自然な姿勢で過ごすことや、たとえ良い姿勢であっても長時間続けてしまうことが、首や背中の筋肉を緊張させ、筋疲労を引き起こす。この記事では、肩こりに関する記事の中から重要ポイントをピックアップして、肩こりの解消方法をコンパクトに紹介していく。

  • 筋肉博士が教えるロコモ予防の下半身筋トレ

    健康寿命を延ばすためには、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動だけでなく、「筋トレ」も重要であることが最近改めて認識されている。東京大学大学院教授で“筋肉博士”こと石井直方さんは、「寝たきりにならないためには、40~50代のうちから筋肉量を増やす意識で運動することが大切」という。そこで本特集では、石井さんに聞いた、筋トレの効果と、具体的な下半身筋トレの方法を一挙に紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2019 Nikkei Inc. All rights reserved.