日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?  > 5ページ
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?

子どものカフェイン摂取を米国の専門家が懸念

 大西睦子

国によって違う、子どものカフェインの摂取量制限

 そんな中、子どものカフェイン摂取量に関するリスク評価が各国で検討されています。

【1】米国

 FDAは健常な成人の最大カフェイン摂取量を1日400mg(コーヒー4、5杯)まで、と設定していますが、子どもの摂取量については設定していません。

 ただし、FDAは子どもや10代の若者の健康にカフェインが影響することを懸念し、「FDAや食品産業は国民の健康を保護し、社会規範を尊重する必要があり、子どもや10代の若者にカフェインなどの刺激物を販売すべきではない」と警告しています。また、米国小児科学会は、子どもや10代の若者のカフェイン摂取に反対の立場を示し、専門家は1日100mgあるいは、2.5mg/体重kg未満にすべきとしています。

■参考文献
American Academy of Pediatrics「Health Effects of Energy Drinks on Children, Adolescents, and Young Adults
U.S. Food and Drug Administration「FDA to Investigate Added Caffeine

【2】カナダ

 カナダ保健省は、子どもの体重や年齢によって、カフェインの摂取量を定めています。

4~6歳:1日45mgまで(コーラ1缶=355ml分)
7~9歳:1日62.5mgまで(コーラ1.5缶分)
10~12歳:1日85mgまで(コーラ2缶分)
13歳以上:2.5mg/体重kgまで

【3】欧州

 欧州食品安全機関(EFSA)は、健康な成人1日当たり400mgの習慣的なカフェイン摂取、1回量3mg/体重kgのカフェイン摂取量なら安全上の懸念はないとし、子どもや10代の若者は情報が不十分なものの、1回量3mg/体重kgを上限としています。

■参考文献
European Food Safety Authority「Scientific Opinion on the safety of caffeine

【4】日本

 日本では、厚生労働省は基準値を設定していませんが、内閣府食品安全委員会は2011年に公開した食品中のカフェインについてのファクトシートで、「カフェインを含む食品については、自ら行う評価の案件としては見送るが、カフェインの子どもへの影響を懸念する意見があることから、情報収集を行い、リスクに関する情報を提供することが重要である」としています。

■参考文献
食品安全委員会「食品中のカフェイン

 米国の子どもの多くが、夜遅くまで勉強をしたり、ゲームをしたり、ソーシャルメディアにハマったりして睡眠不足になり、その眠気を払い、エネルギーを高めるために、コーヒーやエナジードリンクを多く摂取するようになっているといいます。おそらく日本でも同様の現象が起きているのではないでしょうか?

 もちろん摂取の際の注意点を理解していれば、良い影響が得られることは、以前の記事でもお伝えしました(「コーヒーは結局、カラダに良い? 悪い?」「エナジードリンクを飲む前に、知っておくべき7カ条」)。とはいえ子どもがエネルギーを高めるためには、カフェインを利用するより、しっかり眠り、バランスの良い食事をとり、体を動かすことが何より大切だと思います。

大西睦子(おおにし むつこ)
医学博士
大西睦子(おおにし むつこ) 東京女子医科大学卒業後、同血液内科入局。国立がんセンター、東京大学医学部附属病院血液・腫瘍内科にて、造血幹細胞移植の臨床研究に従事。2007年4月より、ボストンのダナ・ファーバー癌研究所に留学し、ライフスタイルや食生活と病気の発生を疫学的に研究。2008年4月より、ハーバード大学にて、食事や遺伝子と病気に関する基礎研究に従事。著書に『カロリーゼロにだまされるな――本当は怖い人工甘味料の裏側』(ダイヤモンド社)。
日経トレンディネット2016年5月16日付け記事からの転載です。

先頭へ

前へ

5/5 page

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 60代以降で急増! 男を悩ませる前立腺の病気

    中高年にさしかかった男性にとって、病気が心配になる臓器の1つが「前立腺」だ。前立腺の病気のツートップ、前立腺肥大症と前立腺がんは、いずれも中高年になると急増する。前立腺肥大症は夜間頻尿などの尿トラブルの原因になり、前立腺がんは、進行が遅くおとなしいがんと思われているが、骨に転移しやすいという特徴があり、怖い一面もある。今回のテーマ別特集では、前立腺の病気の症状から、具体的な治療法までを紹介していこう。

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.