日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?  > 3ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?

子どものカフェイン摂取を米国の専門家が懸念

 大西睦子

子どものカフェイン摂取を専門家が懸念

 これまでのカフェインの健康に対する調査は主に成人が対象で、適度な量のカフェイン摂取はエネルギー消費量の増加、身体能力の向上、疲労減少、瞬発性の向上、認知機能の強化、集中力と短期記憶の向上につながることが示されています。半面、過剰に摂取すると心拍数や血圧の上昇、睡眠障害、動悸や胃のむかつきなどを引き起こすことが分かっています。

 しかし成人に現れるカフェインのこうした作用が、子どもにも同等に表れるのかどうかは、明らかにされておらず、現在、子どもや若者を対象にした研究が進められています。以下の7項目から見ていきましょう。

[1]血圧や脈拍への影響

 カフェインが子どもの血圧を上げ、心拍数を減らすことがこれまでの研究で示されています。ただし、思春期以降は男女差があるようです。

 ニューヨーク州立大学バッファロー校の研究者らは、思春期前(8~9歳)の子ども52人と、思春期後(15~17歳)の男子49人と女子47人を対象に、カフェイン摂取が、心拍数と血圧に与える影響を調査しました。

 結果、思春期前はカフェインによる心拍数と血圧の反応に男女差はなく、思春期後は男子は女子よりカフェインによる反応が高まりました。また、思春期後の女子の場合、月経周期の黄体期(排卵から月経まで)中期にカフェインを摂取すると心拍数が減少し、卵胞期(月経が始まってから排卵まで)中期は血圧の上昇率が大きくなりました。

 カフェインに対する反応の性差は、ステロイドホルモンのレベルなどの生理学的な因子によるものか、それとも心理社会的な因子によるものかを確認するために、さらなる研究が必要ではないかと研究者らは論じています。

■参考文献
American Academy of Pediatrics「Cardiovascular Responses to Caffeine by Gender and Pubertal Stage

[2]睡眠障害

 オハイオ州立大学の研究者らは、1日あたり平均53mg(0~800mg)のカフェインを摂取している191人の中学生を対象に、14日間の睡眠パターンとカフェインを含む食品の摂取について調査しました。結果、カフェインの摂取は夜間の睡眠時間が短くなることと関連していました。参考までに、日本で販売されている「ペプシコーラ」は100mlあたり約10mgのカフェインを含んでいると表示されており、500mlのペットボトルの場合、約50mgが含まれていることになります。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Caffeine consumption and weekly sleep patterns in US seventh-, eighth-, and ninth-graders.

[3]脳内報酬系への影響

 カフェインは、脳内報酬系の発達に作用し、将来の食品や飲料の好みに影響を与える可能性が指摘されています。ただし、この影響にも性差があるようです。12~17歳を対象にしたニューヨーク州立大学バッファロー校の報告によると、男子は女子より、カフェインの影響をより受けやすい可能性があるといいます。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Sex differences in reinforcing value of caffeinated beverages in adolescents.

[4]カフェインの離脱症状(副作用)

 英国ブリストル大学の研究者らは、9~11歳の26人を、カフェインを習慣的に摂取(平均109mg/日)しているグループ、していないグループ(平均12mg/日)の2つのグループに分けて調査。両グループともに一晩カフェイン断ちをした後、カフェイン50mgを与えました。カフェインを習慣的に摂取しているグループは、頭痛が起き、認知力が鈍くなるといった離脱症状が現れていましたが、カフェインの摂取でこれらが収まりました。一方、カフェインを習慣的に摂取していないグループでは、認知機能、注意力や頭痛などは、摂取前後で顕著な変化はありませんでした。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Psychostimulant and other effects of caffeine in 9- to 11-year-old children.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「中途覚醒が多く寝た気がしない」 中高年の睡眠の悩み解消術

    「睡眠の途中で何度も目を覚まし、眠った気がしない」「早朝に目覚めてしまい、その後なかなか寝付けない」――。歳をとるにつれ、そんな「中途覚醒」「早朝覚醒」に悩まされるようになったという人も多いだろう。なぜ中途覚醒は起きるのか。中途覚醒を解消して、若い頃のような「熟睡」を手に入れることはできるのか。このテーマ別特集では、中途覚醒の原因と、それを解消するための対策を一挙紹介していく。

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.