日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?  > 2ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?

子どものカフェイン摂取を米国の専門家が懸念

 大西睦子

エナジードリンクやコーヒー飲料はカフェインも糖分も増量!?

 ブラナム博士らの報告によると、米国の多くのエナジードリンクは、8オンス(237ml)のサイズで販売されていますが、より大きなサイズの売り上げが伸びています。12オンス(355ml)サイズのエナジードリンクに含まれる砂糖(糖分)は平均36g。これは同量のソーダとほぼ同じ糖分になります。一方、エナジードリンクに含まれるカフェインは、ブランドにより異なるものの、12オンス中130mgになるものもあります。カフェイン入りソーダに換算すると、12オンスサイズの4本分に当たります。

 同様にコーヒー飲料は、サイズやフレーバーの違いはありますが、ソーダのほぼ2倍の糖分やエナジードリンクと同等量のカフェインを含みます。さらにクリームたっぷり…のドリンクも多く出回っています。

 米国ではこれまで、子どもの肥満問題の対策としてソーダやジュースの摂取量を減らすことに重点を置いてきました。ところが今後は、コーヒー飲料やエナジードリンクの摂取もモニタリングする必要がでてきたわけです。

 さらに、ブラナム博士らは最近、カフェインを多く含む食品や飲料の開発と、それらの子どもへのマーケティングを懸念しています。実際、米国では、子どもや10代の若者をターゲットに、カフェインを含むキャンディ、ポテトチップス、ガムなどの食品の販売が、過去10年間に劇的に増加しています。気づかないうちに、子どもがカフェインを過剰に摂取するリスクが高まっているのです。

■参考文献
US National Library of Medicine National Institutes of Health「Caffeine use in children: what we know, what we have left to learn, and why we should worry.

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 「眠れない」を解消して抵抗力を高める、3つのNGと6つのテクNEW

    暑い夜でもぐっすり眠るにはどうすればいいのか。そもそも睡眠は何時間とればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、不眠を解消するための3つのNGと、6つの快眠テクニックを紹介する。

  • 熱中症・かくれ脱水を防ぐ「水分補給」「マスク着用」のコツ

    脱水症やその一歩手前の「かくれ脱水」とはどういうもので、なぜ様々な病気につながるのか、脱水症はどんな人がなりやすく、どう予防すればいいのか。夏の今こそ知っておきたい、脱水症の怖さと対策について紹介する。さらに、夏期におけるマスク着用の注意点についても解説する。

  • かかると怖い!「膵炎」「膵がん」

    激痛に襲われる「急性膵炎」や、発見しにくく5年生存率が極めて低い「膵がん」など、膵臓の病気には厄介なものが多い。今回は、膵臓という臓器の役割や、膵臓の代表的な病気である「膵炎」「膵がん」の怖さ、早期発見のコツをまとめていく。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.