日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様

日経 Gooday

ホーム  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

カフェインは子どものカラダに良い? 悪い?

子どものカフェイン摂取を米国の専門家が懸念

 大西睦子

 食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 妊娠中の女性、血圧や血糖のコンロトールに悩んでいる人などを除き、成人についてはコーヒーはヘルシーな飲み物だという記事を以前掲載しました。では子どもの場合は、どうなのでしょうか? カフェインの摂取による影響は?

子どもがコーヒーを飲むのはタブーだった

最近は、クリームなどをたっぷり入れたコーヒー飲料が登場し、子どもでも飲める状況になっている。(©Sergejs Rahunoks -123rf)

 世界中で多くの人に愛されるコーヒー。過去の記事ではコーヒーがヘルシーな飲み物であることをご紹介いたしました。

 では、子どもの場合はどうなのでしょう? 大人と同じように、コーヒーを飲むと、健康に良い効果があるのでしょうか?

 米国では少なくとも20年前までは、「子どもがコーヒーを飲むのはタブー」という風潮がありました。ところが最近、シロップやクリームをたっぷり入れたコーヒー飲料が登場し、10代未満の子どもでも、スイーツ替わりにコーヒーが飲める状況になっています。また、10代前半の子どもたちの間では、エナジードリンクの摂取が目立つようになってきました。

米国、高まる子どものコーヒー消費量

 2014年、米疾病予防管理センター(CDC)にある、国立健康統計センター(NCHS)のエイミー・ブラナム博士らは、医学雑誌「Pediatrics(小児科)」に、2~22歳の米国人2万2000人のカフェイン摂取量の推移を報告しました。1999~2010年までに行ったこの調査では、米国の小児から10代の若者の約73%が、何かしらの形で毎日カフェインを摂取していることが分かりました。

 実は調査期間を通じて子どもの平均的なカフェイン摂取量は、あまり変わりませんでした。変わったのは摂取源です。1999~2000年までのカフェイン摂取源のうち、62%をソーダが占めていましたが、2009~2010年になるとソーダは38%に減り、コーヒーによるカフェイン摂取量が10%から24%まで増加していたのです。また、1999~2000年まではエナジードリンクのカテゴリーはありませんでしたが、2009~2010年を見ると、カフェイン摂取の約6%を占めるようになっていました。

■参考文献
American Academy of Pediatrics「Trends in Caffeine Intake Among US Children and Adolescents

 長い間、子どものカフェイン摂取の大部分をソーダが占めていたのですが、この7~8年ほどで、コーヒーとエナジードリンクの割合が増えたのです。

1/5 page

最後へ

次へ

日経グッデイ春割キャンペーン

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げる実践的な対策

    健康診断で多くの人が気にする「コレステロール」。異常値を放置すると動脈硬化が進み、心筋梗塞や狭心症のリスクが高まっていく。数値が悪くても自覚症状がないため、対策を講じない人も少なくないが、異常値を放置しておいてはいけない。では、具体的にどのような対策を打てばいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、健診結果のコレステロール値の見方から、具体的な対策までを一挙に紹介していこう。

  • 老化を進める「糖化」から身を守る対策とは?

    “老けにくい”体にしたいというのは誰もが共通に思うこと。その老化の原因の1つとして最近注目されているのが「糖化」だ。この糖化、見た目の老化はもちろん、体内の血管や内臓、骨、関節などの機能低下にも密接に関わっているという。糖化リスクを遠ざけ、老化を遅らせるためには何を実践すればいいのだろうか。今回のテーマ別特集では、糖化の健康への影響から、その対策までを一挙に紹介しよう。

  • 歩くだけではダメ? 失敗しない運動習慣の作り方

    「ひと駅前で降りて歩く」「テレビを見ながら軽い筋トレをする」…これをもって「運動習慣がある」と思っている人は意外と多い。しかし、フィジカルトレーナーの中野ジェームズ修一さんは「強度の低い運動、筋肉がつかないような運動は、いくら続けても十分な成果が得られません」と断言する。では、健康診断で引っかかった数値を改善したり、カロリーを消費して減量したり、病気を予防するといった目的を達成するためには、どのような運動をすればいいのだろうか?

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Goodayマイドクター申し込み

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2020 Nikkei Inc. All rights reserved.