日本経済新聞 関連サイト

ようこそ ゲスト様
日経Gooday TOP  > 医療・予防  > 医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ  > ダイエットと運動、どっちから始めるのがいいの?  > 4ページ目
印刷

医学博士 大西睦子のそれって本当? 食・医療・健康のナゾ

ダイエットと運動、どっちから始めるのがいいの?

医学論文で考える自分改造計画

 大西睦子

自分改造計画その3:生活の質を高める!

 さらに、AHAによると、運動には以下のような効果もあり、生活の質を高められるようになります。

運動がもたらす生活の質の変化
[1]心臓病のリスクが減る
[2]血中コレステロール値の改善
[3]高血圧の予防や管理が可能に
[4]冠動脈疾患や心臓病のリスクが30~40%減る
[5]脳卒中のリスクが中程度に高い人で20%、非常に高い人で27%減る
[6]加齢に伴う慢性疾患や病気の予防や進行を遅らせ、生活の質を維持し、高齢者の自立を促す

 定期的な運動をしないと、体は徐々に、強さ、スタミナや機能を失っていきます。AHAは、アクティブで健康的な体重を維持している人は、動かずに太っている人に比べて、寿命が7年延びるといいます。

自分改造計画その4:ダイエットと運動はどちらから始めるべき?

 スタンフォード大学医科大学院の研究者たちは、運動と同時にダイエットした場合と、運動する前後にダイエットの仕方を変えた場合に、どのような変化が起こるか調査しました。

 おそらく多くの方のご想像に違わず、答えは「食事と運動の両方の改善」が最も有効でした。

 でも、もしどちらかを選ぶ必要があるとしたら、まず運動から始めてください。研究によれば、食事から改善したグループは、身体活動の改善は認められなかったのです。食事の改善が先行すると、身体活動の改善が困難になるようです。食事制限によって、身体を動かす気力が失われてしまったり、空腹を感じて動きにくくなってしまったりした経験がある方も多いのではないでしょうか?

 対照的に、運動から改善したグループは、食事の改善も認められました。運動の改善が野菜や果物の摂取を大幅に増やし、飽和脂肪酸の摂取もわずかながら減らしました。

自分改造計画その5:未来への投資をしよう!

 自分を変えるためには、未来への投資は重要ですよね。みなさんは何をされていますか? 資格試験に挑戦したり、英会話に挑戦したり? でも私が何よりお薦めすることは「睡眠」です。

 ベイラー大学のマイケル・スカリン教授らが2015年に発表した研究報告によると、中年時代によく眠る人は、28年後、より認知機能が高いことか予測されました。また、午後の昼寝(夜間の睡眠を妨げない程度です)は、記憶力の向上や、記憶力の低下を防ぐようです。つまり睡眠は、加齢に伴う思考や記憶の変化を改善したり、進行を遅らせることができるのです。

■参考文献
Association for Psychological Science「Sleep, Cognition, and Normal Aging
Newswise「Sleep Tight and Stay Bright? Invest Now, Baylor Researcher Says

 一方、睡眠不足だと、自尊心や幸福感が減り、不安や抑うつなどネガティブな感情を抱きやすくなります。そして仕事の失敗、家族内の混乱や自殺企図のリスクが高まるのです。さらに睡眠不足が続くと、肥満や糖尿病などの生活習慣病のリスクが上昇します。

 眠るだけでリスクが減らせるならそれに越したことはありませんよね。未来への投資として、ぜひ十分な睡眠をとってくださいね。

RELATED ARTICLES関連する記事

医療・予防カテゴリの記事

カテゴリ記事をもっと見る

FEATURES of THEMEテーマ別特集

  • 強い足腰を維持するための「骨」の強化法

    健康長寿の大敵となる「骨の脆弱化」を予防するには、若いうちから「骨を強くする生活習慣」を取り入れていくことが大切だ。このテーマ別特集では、骨が弱くなるメカニズムや危険因子、骨を強く保つための生活習慣のポイントなどについて解説していく。

  • もの忘れと認知症の関係は? 認知症リスクを下げる生活のポイント

    年を取っても認知症にはならず、脳も元気なまま一生を終えたいと誰もが思うもの。しかし、「名前が出てこない」「自分が何をしようとしたのか忘れる」といった“もの忘れ”は、中高年になると誰もが経験する。⾃分は周りと比べて、もの忘れがひどいのでは? ひょっとして認知症が始まったのか? と不安になる人も多い。このテーマ別特集では、もの忘れの原因や、将来の認知症にどうつながるのか、認知症を予防するにはどうすればいいのかについて、一挙にまとめて紹介する。

  • 痛風だけじゃない!「高すぎる尿酸値」のリスク

    尿酸値と関係する病気といえば「痛風」を思い浮かべる人が多いだろう。だが、近年の研究から、尿酸値の高い状態が続くことは、痛風だけでなく、様々な疾患の原因となることが明らかになってきた。尿酸値が高くても何の自覚症状もないため放置している人が多いが、放置は厳禁だ。本記事では、最新研究から見えてきた「高尿酸血症を放置するリスク」と、すぐに実践したい尿酸対策をまとめる。

テーマ別特集をもっと見る

スポーツ・エクササイズSPORTS

記事一覧をもっと見る

ダイエット・食生活DIETARY HABITS

記事一覧をもっと見る

からだケアBODY CARE

記事一覧をもっと見る

医療・予防MEDICAL CARE

記事一覧をもっと見る

「日経Goodayマイドクター会員(有料)」に会員登録すると...

  • 1オリジナルの鍵つき記事鍵つき記事がすべて読める!
  • 2医療専門家に電話相談できる!(24時間365日)
  • 3信頼できる名医の受診をサポート!※連続して180日以上ご利用の方限定

お知らせINFORMATION

日経Gooday新型コロナ特設

SNS

日経グッデイをフォローして、
最新情報をチェック!

RSS

人気記事ランキングRANKING

  • 現在
  • 週間
  • 月間

NIKKEICopyright © 2021 Nikkei Inc. All rights reserved.